レッツノートの修理は全モデルの特性を知り尽くすパソコン修理の鉄人にお任せ下さい

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > レッツノート修理

レッツノートの修理は実績豊富なパソコン修理の鉄人へ

パナソニックのレッツノートといえば、ビジネスで使うユーザーを対象としたノートパソコンですが、普段使いとして使用している方が多いのも特徴です。幅広いユーザーから支持されているモデルですので、もちろん修理の依頼も必然的に多くなります。パソコン修理の鉄人では業界屈指のレッツノート修理実績とノウハウがあり、全モデルの特性を知り尽くした技術者が対応していますので安心してご依頼ください。故障かなと思ったらまずはご相談を。様々な依頼内容に対応してきましたので、どんな小さなことでも対処させていただきます。

           

様々な分野の専門家が総力を上げてトラブル解決!熟練のスタッフが丁寧に対応

株式会社ピーシーエキスパートはさらなる技術の向上にスタッフ一同取り組んでまいります

修理事例をご紹介 Repair Results

レッツノート 修理事例1

レッツノートの入力キーが取れてしまった、エラーメッセージが出る、DVDを読み込まないといった内容のご相談をいただきました。

お預かりしたレッツノートへウルトラエックス診断を行い、状態を確認します。 キーボードの入力キーが取れる、剥がれている際は、キートップの移植やパンタグラフの部品交換にて対応しております。 DVDが読み込まないというお悩みには、光学ドライブの交換で解消が可能です。 エラーが出てしまう症状や動作がおかしい場合、HDD診断を行ってエラーを確認し、新しいHDDへ交換するといった修理方法で解消しています。 DVDが読み込まない場合、原因がドライブ側にあることが多く、光学ドライブの交換をしています。

レッツノート 修理事例2

レッツノートのファンが壊れて、PCが熱をもってしまうというお悩みに併せて、PCが落ちるという症状改善の修理ご依頼をいただきました。

レッツノートの動作確認中に熱をもってしまいPCが落ちてしまうこともあります。 トップカバーを外して分解し、ファンが動いていないことを確認した上で内部部品の洗浄、グリスの塗布を行います。 ファン部分の新品へと交換。再び動作チェックを行い修理完了となります。

レッツノート 修理事例3

レッツノートの液晶パネルが赤く表示されてしまう場合の修理ご相談が寄せられました。

レッツノートのパネルの不具合で表示が赤くなってしまう場合、今後液晶の故障へ繋がる可能性が高いため修理が必要です。 この場合はレッツノートの分解修理を行っています。 修理依頼されたレッツノートと同じ使用の液晶をご用意し交換します。 取り替えるパネルをはめ、仮止めをして液晶パネルの表示確認を行います。 検査結果に問題が無ければきちんと組み立て、ブロックやグレースケールなど一連のカラーパターンの表示を見て正常であれば修理完了です。

事例はまだまだあります!

実績をもっと見る >

お客様の声 Customer's Voice

きれいな液晶になって帰ってきてびっくりしました

【ご依頼主】東京都 R・I様(48歳)

愛用し続けて10年。大事に使ってきたのに床に落としてしまい、液晶がバキバキになってしまいました。落とした影響がどこまであるかわからなかったのでとりあえず問い合わせをして、診断してもらうことに…。運がよかったのか大事にはいたらなかったので、液晶の修理をしてもらいました。自分のもとに帰ってきた時には、元通りになっていたので非常に満足です。

担当さんの丁寧な対応がとても好印象でした

【ご依頼主】群馬県 S・K様(41歳)

仕事中にフリーズしてしまいました。大事なプレゼンの資料作成中だったのに…。すぐさま近くの人間にパソコンを借りてこのサイトに辿り着きました。なんだか信頼できそうな雰囲気だったので修理をお願いしたんですが、正解でした。担当の人は最後まで丁寧&レスが早く、修理の過程もチェックできたので不安になる部分がなかったです。 ありがとうございました!

お客様の声をもっと見る >

修理の流れ Repair Flow

お問い合わせ 見積もり

まずはお問い合わせフォームかお電話から、お見積依頼・ご相談ください。
(無料)

発送と診断

修理するパソコンの発送、または持ち込みをお願いします。
商品が届き次第診断を開始します。

修理

診断結果をご報告し、修理内容をご了承いただけたら修理を開始します。(キャンセル可能)

お支払いと納品

修理完了のご連絡後、商品を返送致します。また、ご希望の方法でお支払いをお願いします。

ファンの故障や熱暴走の修理について

ファンから異音が……どうすればいいの レッツノートといえば小型で軽量なイメージを持っているでしょう。 小型ボディの中に高性能のCPUが搭載されているがゆえに、冷却ファンをフル回転させて各箇所の冷却を行っています。 そのため、急激にファンが劣化している場合があります。 故障したまま放っておくと、ファンは規定の回転数に達することができず、パフォーマンスが著しく低下することになります。 この場合、ファン交換で対応をさせていただきます。 純正新品ファンへ交換=16,000円〜(部品代込み) ファンがないモデルは熱が暴走しやすい! レッツノートのCF-R5、CF-R6モデルは現在生産はされていません。 今でも人気の名作ですが冷却ファンが搭載されていないのが特徴。 扱う上で覚えておいていただきたいのが、発売からかなりの年月がたっているため、内部の冷却システムが劣化している可能性があるということです。 劣化したまま放置しておくと作業中のシャットダウンやCPU速度が遅くなる症状が頻発するでしょう。 このような場合は、冷却ファンをカスタムすることで大きく改善されます。 CF-R6へのファン取り付け=20,000円

ディスプレイの修理&バックライトの交換について

高性能で有名なレッツノートの旧モデルといえど長年使用すると液晶は劣化していきます。 主な症状と修理料金としては…… 【液晶が暗くなった】 バックライト交換=12,000円から インバーターの交換=7,000円から 【液晶がちらつく】 バックライト再はんだ処理=4,000円から 【液晶が点打しない】 液晶フレキ交換=4,000円から(中古部品) 液晶フレキ交換=10,000円から(新品) ちなみに液晶パネルのバックライトも段々暗くなっていきます。 レッツノートは軽量薄型なため取り替えることは困難とされてきました。 パソコン修理の鉄人では長年の試行錯誤の上、レッツノートのバックライト交換に成功しています。 バックライト交換=15,000円から

なったら辛い……無線LANトラブル修理について

レッツノートは高スペックのPCです。 しかし、車で例えるとスピードはでますが、ハンドルの遊びが少ない状態です。 たとえばHDD換装をするとノイズの状態に変化が起こり、無線LANにトラブルが起きます。 メーカーHPをみると、無線LANドライバーの専用ページが開設されています。 メーカー自体もこの問題を認識し対策しているようですね。 比較的にレッツノートの初期モデルは、旧いバージョンのOSがインストールされています。 初期ドライバーに不具合が確認されており、無線LANの電源を入れるとブルースクリーン画面と共にリセットがかかる現象が起きているようです。 パソコン修理の鉄人は、不具合を回避するためアップデートをしてから納品しています。 無線LANトラブル=3,000円から

そのほかの修理も対応していますよー

純正保守パーツを豊富にストック LANカード蓋、ACアダプタ、そのほかゴム部品など消耗しやすい部品などの純正保守パーツを豊富にストックしています。 劣化が激しく取り換えが必要な場合には、当社からご提案したのちに交換しています。 またモバイル仕様で多いビス抜けは純正ネジを補充しております。 一部のモデルで特に劣化しやすい重要な部品に関して 純正よりも高品質なパーツに交換することができます。 ちなみに交換すると高額になってしまうパーツはリサイクル部品で対応することもできるので、低価格で交換したい方にオススメです。 新しいシートを無償で張り替え 最新モデルは防水シートを剥がさないとHDD換装はできません。 新しい防水シートを無償で張り替えていますのでご安心ください。 ファンにはグリスで対応することもあります ファンの異音は取り換えだけでなくグリスで対応するケースがあります。 高性能シリコングリスを塗布して静音回復を行っています。

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。