間違ってゴミ箱を空にしてしまった際の復活方法

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > データ復旧 > 間違ってゴミ箱を空にしてしまった際の復活方法

間違ってゴミ箱を空にしてしまった際の復活方法

データ復旧
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

ファイルを削除してさらにゴミ箱を空にしてしまった後に、間違いに気づいて・・・・何てことがたまにあります。このような場合の対処方法を解説します。また、削除したファイルがなぜ復旧できるのかも説明します。

 

ファイル書き込みの仕組み

パソコンに情報を記録する方法は、今はHDDに磁器情報を書き込むことが主流となってます。HDD内部には、アナログレコードやCD・DVDのような円盤の記録ディスクが高速で回転しており、ディスクに情報を書き込んでいます。

 

(画像:ウィキペディアから)

 

HDDは非常に多くの情報を書き込むことができる媒体で、書き込んだ情報は、「目次」のようなもので整理・管理をしています。

「目次」には、
メールのデータは、〇ページの〇行目に書かれています
動画データは、〇ページの〇行目から□ページの□行目まで書かれてます

など、HDDのどこに情報が書き込まれているかが記載されています。

例えば、デジカメの写真をHDDにコピーをするときは

  1. 「目次」を見て、空いているページの空いている行を探す
  2. そこにデジカメ写真のデータを書き込む
  3. 書き込んだ場所(何ページの何行目)を目次に追加する

このようなことを行います。

 

ファイルを読むときは、「目次」を見て、データが書き込まれているページ、行数へ実際に読みに行くということになります。

 

ファイル削除の方法

ファイルを削除する場合は、実は、「目次」だけを削除します。つまり実際のデジカメ写真のデータはいちいち消しません。これがポイントとなります。

 

OSは、多くのファイルを自動で書き込んでいます

ところで、WIndowsなどのOSは、ユーザーが意識していないところで、いろいろなファイルをHDDに書き込んでいます。例えば、メール受信をするときは、実際のメールファイルをHDDに記憶して、初めてメールソフトでメールを見ることができます。g-mailでも同じです。インターネットキャッシュといって、クリックしてページを開く瞬間に、そのページのイメージのファイルをHDDに書き込んで、これを表示しています。

そのすべての工程で、「目次」を見て、空いているページ、行に書き込みを行い、「目次」に加えています。WIndowsを起動するとき、終了するときにも何十なん百というファイルを書き込んでいます。新しいファイルを書き込むだけでなく、既存のファイルに変更を加える場合は、ファイルの大きさが大きくなるので、もし、今保存しているページ、行が足りなくなった場合は、「目次」を確認して、大きくなったファイルが現在の場所に収まるか確認をして、収まらない場合には、別の空いた場所を選んでそこに書き込み、「目次」を更新しています。

 

削除されたデータは残る

先ほどの、削除した写真データは、目次から消去されても、実際には残っていると説明しましたが、OSはいろいろなデータを書き込むので、写真データが保存されていたページ・行数に運悪く、別ファイルが書き込まれてしまった場合は、この写真データは地球上からなくなることになります。逆にいえば、この写真データが別のファイルに上書きされなければ、復旧ができるのです!

このような、目次には載っていないけど、磁気情報として残っているファイルを収集するソフトが、「データ復旧ソフト」です。比較的有名なソフトは、「ファイナルデータ」です。

 

 結論

誤ってゴミ箱を空にしてしまった場合は、

  1. 上書きが発生しないように、PCを起動しない
  2. 適切なデータ復旧ソフトで復旧をする

これが重要です。1.は、非常に重要でこれがデータ復旧の確率を大きく変えます。ご自身でデータ復旧すれば、かなり低コストでデータ復旧ができるようになってきましたが、データ復旧ソフトを、PCにインストールするときに、上書きが発生してしまいますので、この方法はお勧めできません。

直ちにHDDを取り外して、別PCから復旧したほうが良いです。

もし、ご自身で復旧する自信がない方は、とにかく、‘PCの電源を直ちに切って専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

もちろん、弊社でもHDDからのデータ復旧を行っております。詳細は、データ復旧ページをご覧ください。

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。