化学工場の計測器にて使用中のWindows2000マシンが起動しなくなった! | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 化学工場の計測器にて使用中のWindows2000マシンが起動しなくなった!

化学工場の計測器にて使用中のWindows2000マシンが起動しなくなった!

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】新潟県上越市のお客様
【ご依頼内容】FM-V C601の修理

【鉄人の修理内容】旧型PC修理


一般用の富士通FMV省スペースパソコンです。一般用のパソコンは、工場のような過酷な環境(高温・多湿・ホコリが多い)で使うようにはできていないので、突然故障して動かなくなることが多々あります。産業用PCはこの点が異なり、故障して動かなくなる前に、何らかのアラートをしてくれることが多いのです。



裏面に独自インターフェースボードが所狭しと刺さっております。熱設計に余裕がないのも個人向けPCの特徴です。一般的な工業製品は温度が10度上昇すると寿命が半分になると言われております(アレニウスの法則)熱設計は長寿命のために非常に重要なのです



CPUファンは汎用品なので、経年劣化しております。交換を推奨します



オリジナルのHDDです。年式からすると相当経年劣化が進んでおりますので、いつ故障してもおかしくないです。交換必須です



電源ユニット内部の様子です。電解コンデンサーが寿命を迎えており、破裂しかけています。交換必須です。 また、内蔵ファンも劣化しているので交換が必要です



今までの電源ON/OFF回数は1750回です。



このコンピュータの稼働総時間は6万時間を超えており、ほとんどのパーツが寿命を超えています。よくこれだけ動いたなぁと感心します!




左の消耗したCPUファンを右の新品ファンに交換します



CPUファンを組み込みました。 左の長細いものが電源ユニットです。電源ユニットのコンデンサーを交換します



電源ユニットの消耗部品です。電解コンデンサー19個と冷却ファンを新品に交換しました。結果電源ユニットは絶好調になりました!



消耗したHDD(右)を産業用のSSDに交換します。 




通信ボードはPCIタイプです。通常品より奥行があり、メインメモリと干渉しています。 PCに大きな振動を加えると、破損する恐れがありますので要注意です。一般用の省スペースパソコンを工業用途に使用してはいけない理由はここにあります。



ほとんど隙間がなく、温度が上昇するのは目に見えています。パソコンを長持ちさせるためには、とにかく温度を下げることが重要です



Windows2000の起動も良好です



4時間運転後の内部温度です。正常な温度範囲です

修理・オーバーホールを行い、調子が良くなりました。今回は別途バックアップPCの製作も提案させていただきましたが、予算の都合で最低限の修理となりましたが、直らないと思っていたものが治ったととてもお喜びいただけました!

PC-EXPERT ピーシーエキスパートはどんな困難なPC修理でもチャレンジしていきます!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。