化学分析装置OMNIC SpectrumOne windowsNT起動しない | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 化学分析装置OMNIC SpectrumOne windowsNT起動しない 

化学分析装置OMNIC SpectrumOne windowsNT起動しない

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】愛媛県新居浜市のお客様
【ご依頼内容】OptilexGX110 WindowsNTの修理
【鉄人の修理内容】旧型PC修理




DELL Optilex GX110は1999年にリリースされた横置きデスクトップPC



増設ポートにはCOM通信ポートとVGAグラフィックボードを増設しています


筐体は経年してはいますがきれいです 



初回接続検査では不動  モニターに表示なし



分解調査を開始します



PATAのHDD かなり古いストレージで経年劣化状態ですが、専用の運用ソフトが記録された重要なストレージです



電源ユニットは特殊形状 半導体部品やコンデンサは経年や高熱により劣化状態。定格出力しない為主要部品を高信頼性の部品へ交換する必要があります



ライザカードに換装されたボード VGAグラボと通信COMポートはモニタ2基接続と外部機器との通信ボード



まずHDDの磁気情報を担保します。 NT運用のストレージは容量やその他規格で単純コピーでは起動しません。業務用のディプリケータを利用して特殊にクローン化します。



弊社検証用の特殊電源ユニットから電圧供給します



メーカーロゴPOST表示を確認しました。起動不能要因は電源ユニットの劣化故障が判明しました



BIOS起動確認 検証用クローンHDDを認識させて起動実験



NT起動準備 2行目メモリ診断でストップ。修復して再試行必要です



メモリを交換して再試行



検証用電源と検証用磁気情報を修復しOS起動確認。 続いて運用ソフトアイコンをクリックして起動確認



右がオリジナルHDDです。磁気情報を右の高性能なSSDにコピーし、磁気情報の解析修復を実施します。



電源ユニット内部の電子部品を新品交換し修理、延命します



取り外した部品を再度組みなおして検証継続



サーモグラフィーカメラで検査実施。温度分布も正常な範囲です。



お客様ご指定ソフト起動しました おそらく化学分析ソフトのようです



お客様ご指定ソフト起動しました。ウォームブートから長時間エージングしたのちに電源OFF,コンセント外して72時間後コールドブート起動確認しました

化学分析に使うWindowsNTパソコンが、まったく反応しなくなった。

このパソコンにしかインストールされていない、既に入手できない解析ソフトがあるので、どうしてもOSやソフト、データを継続利用するために修理したいWindowsNTのコンピュータ。
発売から20年以上経過したコンピュータは、ほぼ全ての半導体部品は経年劣化危険レベルを超えていました。可能な限りの劣化部品を高信頼性の部品へ交換し、起動ファイルが損傷していたWindowsNT起動ファイルも手作業で修復し、無事OS起動と重要な解析ソフトも正常に起動する修理ができました。
このように影で活躍し続ける「古いパソコン」が、まだ多くの企業様で働き続けるお手伝いができました。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。