生産ライン制御用 FAコンピュータの修理 | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 古いパソコン修理 > 生産ライン制御用 FAコンピュータの修理

生産ライン制御用 FAコンピュータの修理

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】三重県三重郡菰野町のお客様
【ご依頼内容】ロジテック MHLR-PF28RC6L カスタムメイドされたFAPC起動不能の修理延命
【鉄人の修理内容】旧型PC修理




ミドルタワー型の筐体に、取外し可能なHDDマウンターが2ポートあり、1台のHDDが実装されています




背面ポートには生産ラインの外部機器と通信するための特殊インターフェースボードが換装されています



HDDを取り出す鍵付き



電源スイッチONでランプは点灯しております。



モニタへの出力は出来ません。CPUボードやVGAボードに定格電圧が出力されていない可能性あり



電源ユニットは産業用電源で信頼性最高位の部品が使われています。




電圧出力検査は概ね正常値で問題ない値です。



CPUファンやヒートシンクもきれいで使われていた現場工場はクリーンルームレベルであった可能性があります



実装されているストレージは160GB-PATA-HDDです。経年劣化しておりますのでストレージ交換が必要です。



通信ボード①②



通信ボード③ これらの通信ボードは工場ラインの外部機器と通信するための専用設計で制御するソフトやドライバーは唯一無二で壊れたら替えがありません



メインボードです。起動不能の原因はこのボードです。電圧測定検査してもCPUに通電しません。



CPUファン取り外して検証します



CPU問題ない事を確認しました。



日本製のCPUロジックボードを海外から逆輸入調達しました。非常に僅少なボードでしたが、世界的にも日本製部品は意外な海外諸国で活躍している証です。



仕様に合わせて筐体に組込みします



CMOSバッテリーを交換します



交換したCPUボードでコールドブート検査。全く表示しなかったPCも交換したボードでBIOS表示しました



通信ボードを組み込みます まずISAボード。このISAインターフェースが実装されたメインボードは絶滅危惧です



PCIの通信ボード VGAボード。これらのボードも専用に設計されているFAボードです



初回起動検査 XP起動



自動で運用ソフトがスタートアップしました。事前に仮想環境で確認していた状態です。



ソフト起動時にネットワークエラーのアラート おそらく外部との通信ができない為と思われます



デバイスマネージャエラーなし。インターフェースドライバも問題なし



サーモグラフィーカメラで電装部品の異常高温が無いことを確認



電源ランプもHDDアクセスランプも良好です。

入手困難なCPUボードの交換ができ、無事ソフトも動きました。

工場生産ラインで複数台稼働するコンピュータが突然起動不能となり、生産ラインがストップしていました。
工場設備会社では修理できないとお困りのご相談を、弊社にて正常起動するように修理出来ました。
これでストップしていたラインが再稼働できたと喜んで頂けました。また同仕様のコンピュータが他にも複数台あるので困ったときに相談できるとおっしゃって頂けました。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。