防犯カメラ表示端末のWindowsNTが起動しなくなった!

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 修理の鉄人実績ブログ > 防犯カメラ表示端末のWindowsNTが起動しなくなった!

防犯カメラ表示端末のWindowsNTが起動しなくなった!

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】大阪府大阪市港区防犯装置の会社さん
【ご依頼内容】IPC-BX/M600(PCW)CP21のWidowsNTが起動しなくなった、時刻を保持しなくなった
【鉄人の修理内容】HDD交換、本体オーバーホール、リアルタイムクロックチップのbq3287内部電池ソケット化改造


 

防犯カメラの表示に使用している産業用コンピュータです。WindowsNTで稼働していました




電池切れのため起動時にエラーが表示されます。



時計がどうしても初期化されてしまいます。



NTの起動画面表示し・・・




あれ?Windows NT4.0が起動しましたが、アプリ起動後、約2分で終了→再起動を繰り返します。これが不具合のようです。珍しい・・・



内蔵HDDの健康状態です。注意判定です。不良セクターもあり、新品交換は必須ですね!



パソコン内部の状態を観察します。



内蔵HDDです。容量は20GBです。民生用2.5インチHDDが使われています。



搭載メモリーの検査をしています。正常判定!



拡張BUSに下の四角のチップがリアルタイムクロックです。 このチップそのものが時計とバッテリー機能を備えた部品で、メインボードに固定されているため交換できません。内部にボタン電池が封入されています




このチップから電源信号だけ取出してボタン電池から給電する改造を行います。



当該チップのデータシートです。 加工作業には超高難易度の技術を要します



このbq3287というICの中には、クロックジェネレータ・リチウム電池等が入っています。リチウム電池が完全放電し、膨張しているようです
手術開始します!!




特殊工具で内部を露出させました。結構固いんですよね、、、。振動でマザーボードが破損するので要注意です!



内蔵電池を取り出しました。ここまで20分ほどです。かなり熟練を要する作業です。
下手にやるとメインボード全部壊れますので。。。。



ソケットを接続し、ボタン電池を取り付けられるように改造しました。これにより、本来の機能を取り戻し、今後はいつでも電池交換が可能になります。
もちろん、このチップに封入されているクロック等はそのままです!



本組します。



きちんと時計情報が保持されるようになり、自動シャットダウンもしなくなりました!!!

パソコン修理の鉄人は、こんな荒業もこなします!実はこれはすでに10回以上やっている手術なのです!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。