| パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ >

秋田県秋田市の法人様から、DOS運用の発電量モニターシステム起動不能の修理

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】秋田県秋田市のお客様
【ご依頼内容】FMV-575D5の96年製 Windows3.1パソコンの修理・オーバーホール
【鉄人の修理内容】メインボード交換、HDD交換、内部清掃、オーバーホール





FMV-575D5 富士通DOSVパソコンで、2000年以前は大体こんな形してましたね。懐かしい方多いんじゃないでしょうか


SCSIインターフェースx2の構成です。予算の都合上、究極の修理である仮想化は見送りです。



この時代のキーボードは非常にしっかり作られています。踏んでも壊れません笑



内部を見てみます。比較的きれいです。さすが90年代日本製、コンデンサーの破裂はありません。使用されているスチール部材もしっかりしています。



SIMMのメモリスロットにも4枚実装。CPUクーラーは新品に交換します。



リチウムバッテリーも交換。いろいろ調べた結果、メインボード故障であると判明。見た目だと故障はわからない場合が多いのでなかなか難しい。



接続間違い防止のために分解前に写真を撮ります。



電源内部の点検をします。この時代の電源も非常にしっかりしています。文句のつけようがないです。



メインボードを剥がすと、なんと、ゴム足が経年劣化で溶けていました!!加水分解ってやつです。



スクレーパーでそぎ落として、新品に交換します。まあ、これはあまり動作には影響ありませんが、経年劣化は確実に起きています。



海外から交換用マザーボードを調達しました。なんと96年製です!



街のようで美しいですね。



作業に夢中になりすぎて写真アップするのを忘れました。。フレームを防錆塗装し、端子を洗浄して組み上げました。



マザーボード交換、HDD交換でWindows3.1が無事起動!!!

 

パソコン修理の鉄人は、海外にもルートを持っているので国内にない部品は世界中からかき集めます!!!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。