工場の設備にそのままついているPCですが取り出せないけど治せる?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > 古いパソコン修理 > 工場の設備にそのままついているPCですが取り出せないけど治せる?

工場の設備にそのままついているPCですが取り出せないけど治せる?

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

PC-9800シリーズが世に出たころ、工場の現場でもコンピュータによる機械の操作ができるようになり、様々な場所にコンピュータが使われるようになりました。
そのころのコンピュータは、日本全国の工場の機械とともにまだ現役で使用されています。

このような一見組み込みのコンピュータに見えるものは、実はDOS/VやPC-9800シリーズやFC-9800シリーズだったります。

機械の表のパネルを取り外すと、中にはパソコンがそのままはめ込まれている場合が結構多いです。

また、はめ込まれてはいないけど、Intelの486CPUが搭載されていて、メモリもそのままついていて、DOS/Vそのものだったりします。

 

このPCもどきは、現場のパネルに組み込まれていたものです。これを分解すると・・・

 

 

ATXではないけど、パソコンそのものです。同じチップセット、グラフィックボードのパソコンであれば、OSもそのまま動く可能性が高いです。

 

まとめ

 

工場の機械はコンピュータ制御が必要なものが多く、当時は一般のパソコンは耐久性がなかったのでそのまま使用できなかったが、耐久性のある筐体、部品を使用してオリジナルのコンピュータを製作したメーカーが多く、とはいっても、独自アーキテクチャだとソフト開発のコストもかかるので、DOS/VアーキテクチャのオリジナルPCを結果的に採用したのだと想像されます。

このようなパソコンもどきは、現在調達可能なDOS/Vマシンで代用するように適切に改良が可能です。もちろん、SSDへの交換も可能ですし、究極の延命である、仮想化も可能です!

20年前のパソコンの修理にも果敢にチャレンジするパソコン修理の鉄人でした!!!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。