メモリの働きや自分が必要なメモリの容量を知る方法などについて

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > メモリの働きや自分が必要なメモリの容量を知る方法などについて

メモリの働きや自分が必要なメモリの容量を知る方法などについて

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

パソコンにはCPUやメモリ、HDD(ハードディスク)など色々用語が出てくるため、何がどう違うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そもそもメモリとは「記憶」」という意味があり、情報を記憶する部分のことを言います。

データ保存の方法

データを保存するにはHDDなどもありますが、HDDは長期的にデータを保存することは可能ですが、ディスクを回転させることで読み書きを行うため、物理的動作が必要となり処理に時間がかかります。メモリはデータを電気的に保存しておく部分で、記憶するのは一時的です。つまりメモリとは、作業を高速化するために使用される一時的な記憶装置です。容量が大きいほど多くのソフト同時に使用でき、容量の大きい重たいソフトを使う場合でも、処理のスピードが速く快適に使えます。

メモリが不足するとどうなるの?

基本的には使用していたソフトを終了させると、そのソフトが使用していたデータはメモリから削除されますが、完全に削除されないことも多く、長期的にパソコンを使用しているとメモリの残りがだんだん少なくなってしまいます。ソフトによってはメモリが不足してしまうと、起動できない場合もあります。
メモリの容量が使用中足りなくなってしまうと、パソコンはメモリで不足した分をHDDなどに書き込もうとします。メモリよりも動作が遅いHDDとやり取りしていると速度は不安定になり、パソコンの動作は遅くなってしまいます。メモリが不足しHDDが動いていてもパソコンを使い続けることは可能ですが、動作は重たく遅いためとても快適ではなくなってしまいます。

メモリはどのくらい必要?

メモリの容量が大きければ大きいほど、パソコンはサクサクと動きます。しかし、インターネットやワード・エクセルなどの作業しかしない人は16GBなど大きい容量のものを選ぶ必要はありません。当然メモリの容量が大きいほど、費用は高くなります。自分の用途に適したメモリを選びましょう。製図や設計などのソフトを使う場合や、ゲームなどで3Dを使う場合などは大きい容量のものを選んでおいた方がいいと言えます。
また、自分がどのくらいメモリが必要なのかを知っておくと、今後メモリをどうするか答えが見えてくるかもしれません。タスクマネージャーを起動させ、「詳細」のプロセスというところで自分がどのくらいメモリを使っているかを確認することができます。メモリの使用率やCPUの使用率なども表示されます。ここでメモリの使用率がかなり高ければ容量を増やしたほうがいいでしょう。もしメモリはそんなに使用率が高くなくても、CPUの使用率が飽和状態であればメモリではなくCPUの性能を上げたほうがいいということになります。
もしパソコンの動作が遅いなど気になる点があり、メモリを増やそうか考えているのであれば、メモリやCPUなどの使用率を確認してから、何を増やすべきか選択しましょう。


パソコン修理は創業13年・復旧率95%のパソコン修理の鉄人へ

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。