パソコンに飲み物をこぼしたときの対処法は?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > その他のお悩み > パソコンに飲み物をこぼしたときの対処法は?

パソコンに飲み物をこぼしたときの対処法は?

その他のお悩み
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

コーヒーを飲みながらパソコンで仕事やネットサーフィンをすることは多いですよね。必ずあるトラブルとして、飲み物をパソコンにこぼしてしまうことです。あらかじめ対処方法を知って被害を最小限に抑えてください!

 

デスクトップパソコンの場合

 

キーボードは、安いので、素直にキーボードを買いかえればOKです。慌てることはありません。

 

ノートパソコンの場合

 

ThinkPadに限っては、キーボードに液体をこぼしても、メインボードに及ばずPCの底から排出されるようになっています。また、Panasonicのレッツノートシリーズも最小限の防水が施されています。しかし、これはあくまでメインボードに液体が行かないようにするもので、修理は必要になります。

 

電源を切って、バッテリー・ACアダプターを抜く

 

パソコン内部に電流が流れている状態で液体が到達すると、ショートしてしまいます。これにより回路が故障してしまいます。一方、電流がまったく流れていない場合は、極端な話、基盤を水に入れても大丈夫なわけです。まずは、電流を流さないようにしてください!

気を付けるべきは、ウルトラブックや、超薄型PCはバッテリーを内蔵していて外せない場合があることです。こうなってしまうとあきらめるしかないです。

 

タオルをしいて、本体を逆さまにする

 

こぼれた液体は、重力に引かれてキーボードからPC内部に落ちていきます。タオルをしいて逆さまにすることによって、少しでもコンピュータ本体に液体が到達しないようにできます。

 

こぼした液体の量を確認する

 

こぼしてしまった液体の量を確認し、さかさまにして出てきた液体の量と比較することにより、PC本体に入り込んだ液体の量がわかります。

100ml以上の場合→かなり高確率で故障します
50ml以下の場合→キーボードが吸収してくれていれば、本体は無事かもしれません。

 

パソコンに重要なデータが閉じ込められているか?

 

水没の場合、HDDが故障する確率は比較的低いです。データは閉じ込められても復旧できる場合がほとんどです。

 

パソコンは修理なしでは使えないと思ったほうがよい

 

残念ながら水没したPCは、かなり特殊なクリーニングをしないと元通り使えることはないことがほとんどです。液体をこぼしたら、PC買い替えを覚悟してください。
問題は、データ等が閉じ込められた場合のコストを抑えるということかと思います。PCを分解してHDDを取り出して、データを救えることがほとんどです。

 

上記のような対処法が適切であった場合は、キーボード交換、基盤洗浄のみで使用できるようになるでしょう。それ以外は、腐食が進んで使えなくなってしまいます。

 

まとめ

 

コーヒー等をこぼした場合は、量が少ない場合は、使える可能性はありますが、確率は低いかと思います。しかし、データが失われる可能性は低いので安心してください。
こぼした液体の種類、量によって変わってきますので、専門家に問い合わせるのが一番です。

 

コーヒーをこぼした際には、パソコン修理の鉄人にお問合せください!

 

 

 

 

 

 

 

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。