PANASONIC CF-R6MW4AXSのファン内蔵加工

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 修理の鉄人実績ブログ > レッツノート修理 > PANASONIC CF-R6MW4AXSのファン内蔵加工

PANASONIC CF-R6MW4AXSのファン内蔵加工

レッツノート修理
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼主】奈良県にお住まいの I様
【ご相談内容】ファンレスのCF-R6が熱をもって、リセットがかかる
【鉄人の修理内容】ファンの内蔵加工(改造)
【費用】非公開

 

CF-R6は、10.8インチスクエア液晶のサブノートで、ファンレスの名機として、現在でも現役です。
しかしし、ファンレスなので、やはり熱くなって使えない場合も多いようで、弊社では、ファン内蔵加工を数多く手がけました。

 

hd16060361752-5

まず、いつものように、どんな作業をやる場合でも作業前にはPCの総合テストを行います。これにパスした場合のみ作業を進めます。

このパソコンは、ファンレスですが、実はファン内蔵タイプも存在するのです。

 

 

hd16060361752-8

 

なんと、ボディーにあるめくらの蓋を外すとこのようなファンの穴が開いています。ここに内蔵をします。しかし、ファンの駆動回路はこのマシンにはついていませんので、単純に外付けスイッチを増設します。
ただでさえ小さいパソコンなのに、スイッチの増設はなかなか物理的に難しいのですが、このモデルはUSBポートの下に隙間があるので、ここにスイッチを内蔵します。

 

hd16060361752-9

 

このように、USBポートの下にスイッチ用の穴をやすりで加工します。削りすぎないように慎重に作業をします。これだけで30分かかります!
加工ができたら、今度は、内部の部材も加工します

 

hd16060361752-10

 

スイッチが入るように、内部部材にちょうど良い穴を開けます。

 

hd16060361752-12

 

基板からファンの電源を確保して、スイッチを取り付けます。テンションがかかる場所なので、接着剤と樹脂の溶着を併用してがたつきがないようにがっちり固定します。スイッチとファンは離れているので、新たに配線をします。

 

hd16060361752-11

 

動作確認が終わったら、早速組みなおします。ファンが内蔵されました。

 

hd16060361752-13

 

hd20000049697-12

 

このスイッチをONにすると、強制的にファンを回します。本体が熱くなった時や、重い作業をやるときにONにするとよいでしょう。
出荷前には、実際にファンの能力を検査します。まずは、ファンをOFFにしてPCに負荷をかけたときの温度は、

 

hd16060361752-15

 

こんなに高いです!

 

そして、ファンのスイッチをONにして数分後に測ると

 

hd16060361752-16

 

きちんと温度が下がることを確認しました。性能はOKです

 

hd16060361752-18

 

きちんとOSも立ち上がり、無事作業完了となります。

 

弊社では、このようなメーカーでは絶対にできない修理や改造にチャレンジしています。どんなご要望でも、まずはやってみることから始めています。
こちらの問合せフォームからお気軽にご相談ください!!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。