メールの受信ができても送信ができないんだけど解決方法は?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > メールの受信ができても送信ができないんだけど解決方法は?

メールの受信ができても送信ができないんだけど解決方法は?

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

昔からメール設定をしたんだけど、受信できるけど送信ができないという相談を多く受けます。
メール送受信の仕組みを知っていれば、ああ、なるほどって思うのですが、知らない人がほとんどなので、??????って感じるようです。
このようなトラブルになった場合の対処方法を解説します。

 

mm2134_smtperr10


●メール受信の仕組み(POPメール)

メールは、「メール受信専用のサーバー」にメールが届くので、このサーバーに「ユーザー名」「パスワード」「ポート番号」を使って、自分のメールボックスを見に行きます。このサーバーをよく、POPメールサーバーとか、受信メールサーバーといいます。
この時に、新しいメールがあれば、それを自分のパソコンに「ダウンロード」しています。


●メール送信の仕組み(SMTPサーバーの場合)

メールを送信する場合は、「メール送信専用のサーバー」に「ユーザー名」「パスワード」「ポート番号」を使ってアクセスして、メールを送信します。


●ポート番号について

サーバーにアクセスする場合、「ユーザー名」「パスワード」以外に、ポート番号というものがあります。
ポート番号を現実の世界で例えると・・・

サーバー:大きなビル
ユーザー名:部屋番号
パスワード:部屋の鍵を開ける暗証番号

とすると、多くの入り口があるビルだとして、「ポート番号」は「ビルの入り口番号」といえます。
ネットの世界では、侵入を試みる人が多いので、ビルの入り口は一か所しか開けられないようにしているのです。

解決方法

メールを送受信する場合は、上記のように

「サーバー名」「ユーザー名」「パスワード」「ポート番号」が一つでも誤っているとサーバーにアクセスできません。現実の世界でも当然ですよね。

実際に、多くの事例を見ていると、ポート番号が間違えている場合が多いです。送信ポート番号は普通は587です!古いメールソフトは25の場合が多いです。
また、「SMTP認証」がONになっていない場合も多く見受けられます。
最近は、SSLに対応している場合は、ポート番号995にして、SSLを使う設定になっていることが多いようです。

まとめると
●送信メールサーバー(SMTPサーバー)
●ユーザー名
●パスワード
●送信ポート番号

これが正しいか確認し、さらに、
「SSLを使う」かどうかを確認したうえで、
「SMTP認証」がONになっていることを確認→SSLにチェックが入っていない場合:送信ポート番号が587
「SMTP認証」がONになっていることを確認→SSLにチェックが入っている場合:送信ポート番号が465
こんな感じだと思います。


これでもダメな場合は、一度設定を削除して再度設定しなおすとうまくいきます!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。