クリームはんだ印刷機用パソコンのメインボード交換 | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 古いパソコン修理 > クリームはんだ印刷機用パソコンのメインボード交換

古いパソコン修理
The following two tabs change content below.

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)日本ピーシーエキスパート代表

1995年シリコンバレーでパソコンと出会い、プラント制御、カーナビの開発・設計を経て2003年に独立。産業用PC修理延命事業を開始。現在はパソコン修理の鉄人として、千葉県柏市にて、日本全国の生産現場の旧型PC修理・延命を行っております!趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

最新記事 by 森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)日本ピーシーエキスパート代表 (全て見る)

【ご依頼者様】三重県三重郡菰野町のお客様
【ご依頼内容】クリームはんだ印刷機専用PC(ロジテック MHLR-PF28RC6L)の延命
【鉄人の修理内容】メインボード交換・その他延命作業




「パソコン前面」の状態です。特に大きな傷・汚れ等はありません。



電源スイッチONのランプは点灯しております。



モニタへの出力は出来ません。



電源ユニットは産業用の再王手Nipronです。


電圧は若干低いようです



冷却機構問題ありません。



160GB-PATA-HDDです。年式から考慮すると、経年劣化しておりますので、新品交換を強く推奨いたします。



通信ボード①②こちらは動作していることを前提としております



通信ボード③



メインボードです。起動不能の原因はこのボードです。



CPUファン取り外します



CPUを別のPCで動作させたら問題なく起動しました。



日本製のCPUロジックボードを海外から調達しました。



仕様に合わせて筐体に組込みします



CMOSバッテリーを交換します



全く表示しなかったPCも交換したメインボードでBIOS起動するようになりました。



通信ボードを組み込みます まずISAボード



PCIの通信ボード VGAボードを組み込みます。



電源ONにしたところ、正常にWindows起動しました。



自動で運用ソフトが起動しました。



ソフト起動時にネットワークエラーが出ますが、イントラにつながっていないからと考えられるので問題なしです。



デバイスマネージャエラーなし確認



サーモグラフィーカメラで電装部品の異常高温が無いことを確認



電源ランプもHDDアクセスランプも良好です。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。