半導体製造装置用制御用産業用PC(WindowsNT)の現場での予備HDD作成、予備機製作調査事例 | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 半導体製造装置用制御用産業用PC(WindowsNT)の現場での予備HDD作成、予備機製作調査事例

半導体製造装置用制御用産業用PC(WindowsNT)の現場での予備HDD作成、予備機製作調査事例

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)日本ピーシーエキスパート代表

1995年シリコンバレーでパソコンと出会い、プラント制御、カーナビの開発・設計を経て2003年に独立。産業用PC修理延命事業を開始。現在はパソコン修理の鉄人として、千葉県柏市にて、日本全国の生産現場の旧型PC修理・延命を行っております!趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

最新記事 by 森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)日本ピーシーエキスパート代表 (全て見る)

【ご依頼者様】神奈川県海老名市のお客様
【ご依頼内容】半導体製造装置用の産業用PC(WindowsNT)の予備HDD製作、予備機製作のための調査 ※装置停止時間を最小限に!
【鉄人の修理内容】現場にて、HDD磁気情報の抽出、抽出の時間を使用して、産業用PCの部品調査




ケーブルの様子です。 現場では、ミスは許されません。特にケーブル接続ミスは許されないので、写真を撮ってミスを防止します。



正面パネルです。HDDはカートリッジ式になっておりますので、交換時は本体ばらす必要がありません。ラックマウント型なので、予備機製作のためにラックの型番もきっちり確認しておきます。



本体内部です。クリーンルームなので、非常にきれいです。しかしながら、経年劣化は確実に進行しています。



オリジナルのメモリは、DDR2 2GBx2枚です。電解コンデンサが若干膨らんでいるのが気になるところです。予備機製作MUSTです!



同じメーカーほぼ同じ型番の新品に交換します。左2枚が新品、右2枚がオリジナルです。



新品メモリ2枚装着しました。メインメモリはあまり故障しませんが、新品が入手できるうちに予防交換しておきます。



BIOSで4GB認識していることを確認しました



HDDの通電時間は75279時間です。車で例えると、75万キロ走っているのと同じです。交換必須です



産業用の1TBHDDにクローン化しました。※HDDは弊社内にて、100時間のエージング済みです



クローンHDDを装着した状態で、設備は順調に動作していることを確認しました



左がオリジナルメモリ、真ん中がオリジナルHDD,右が予備HDD(100時間エージング済み)です。

装置を停止できない状況でも、予備HDD製作、予備機製作準備が可能です

現役の製造装置は、なかなか長時間停止できない場合が多いです。このような場合こそ、予備のHDD、予備PCが必須になりますがなかなか準備ができないのが現状です。今回は、WindowsNTなので、約25年で初めて予備HDDを製作しました。
現場の装置停止時間は1時間くらいでHDDの予備製作、予備機製作調査、予備HDDでの動作試験が完了しました。この1時間が今後の数万時間を決めるといっても過言ではありません。
今回の作業にて、お客様は本来の業務に集中できるようになったかと思いますので、非常に価値のある作業であったと思います。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。