研究所内の光学膜厚測定(エリプソメーター)機器の制御分析PCが使えなくなった! | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 研究所内の光学膜厚測定(エリプソメーター)機器の制御分析PCが使えなくなった!

研究所内の光学膜厚測定(エリプソメーター)機器の制御分析PCが使えなくなった!

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】千葉県柏市のお客様
【ご依頼内容】Dell dimension XPS R450(Windows98)を何とか復旧してほしい
【鉄人の修理内容】研究所内の光学膜厚測定(エリプソメーター)の制御分析装置付属PCの復旧




前面写真



背面の写真、経年劣化による錆が出ています。パラレルのドングルがついています





Desktopの状況確認した。 電源ボタン押しても反応しないです。



PC内部の写真。経年劣化による錆や埃が見られます。 今はなき、PentiumIIが装着されています




PC本体と付属品、FDDとドングル。



電源テスタで、電圧測定。全く電圧が出ていません。



10GBのHDDが使われています。このころのHDDは、今のものより耐久性があります。



HDDの背面写真。経年劣化が見られます。まだ、基板が大きいですね(笑)



HDDのSMART情報。使用時間が37,000時間を超えています。自動車で言うと37万キロ!!!



CPU付近は熱がこもるのでアルミ電解コンデンサが故障することが多いですが、こちらはファンがきちんとあるので大丈夫なようです



グラフィックボード。 ATI P/N:109-49800-10 AGPタイプです。



48bit digital I/O bit, High output drive DIO Board こういうボードはほとんど壊れないようです。



KEITHLEY METRABYTE 4237 REV2 PC8472 84700 9406/E DAS-1401/2 PCB Rev C Analog and Digital I/O board かなり高密度なボードです。



電源内部のの様子です。冷却ファンは交換必須です!



マザーボードの電池が完全放電しきっていました。もちろん新品に交換



仮想環境にて、OSの正常起動を確認しました。M/B修理によりOS起動は問題なさそうです



チェコから全く同じマザーボードを仕入れました。負荷テストが通ることを確認



右が元々つけられていたメインボード、左の新品同型メインボードに交換



動作に問題はないが落ちない汚れが付いたケースファン。新品交換します



右が本来ついていたケースファン、互換性のある左の新品ファンと交換



添付されていた右のFDDをもともとつけられていた左のFDDと交換します


中央上側がCPUヒートシンク、動作温度に問題はない事を確認しました。



左が本来使われていたストレージ、IDEケーブルを使わない右のストレージに取り換える事でケーブルの劣化が起こらないので接触不良も起こりづらくなります。CFはMLCタイプなので、TLCより一桁耐久性が高いです。ノンストップのPCですとSLCが良いですが、こちらは月に数時間の使用予定なので、MLCを選定。

無事制御装置が動作するようになり、お客様は驚いていらっしゃいました!

納品後、お客様は「治るとは思っていなかった!」と驚いておられました。

弊社に治せないものはありません!!!!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。