使い慣れたレガシーなCADシステムMICRO CADAMとキーボードを継続して利用したい | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 使い慣れたレガシーなCADシステムMICRO CADAMとキーボードを継続して利用したい

使い慣れたレガシーなCADシステムMICRO CADAMとキーボードを継続して利用したい

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】茨城県土浦市の法人様
【ご依頼内容】type5551 MicroCADAM OS/2運用の修理
【鉄人の修理内容】旧型PC修理




かなり使い込んだIBMの日本製CADシステム運用の専用コンピュータ



「パソコン裏面」です。CAD操作のキーボードのインターフェースボードが付いています



MicroCADAM専用に設計された特殊キーボード



電源を投入してメニュー画面が起動



システム情報は当該機の状態でこの先OSが起動できない状態です



分解調査します



HDDがマウントされています



IBM社の100MBのHDDです



産業用のディプリケーターでHDDの状態を確認 重大なエラーが見つかりましたが磁気情報の抽出を行い新ストレージへコピーしまた。起動に失敗したためシステム修正します



純正のキーボードをPS2ポートにさして認識させました



HDDを交換しOS2の起動ファイルを修復してシステム起動確認。



フロッピーディスクドライブ故障しておりましたが、修理により動くようになりました。レガシーな保存メディアはいまだに必要です



ファンクションキーボードが無反応でしたが、しっかりと動くようになりました。

30年使い慣れた初期のMICROCADAM 2DCADシステムを継続して使いたい

古いCADパソコンが突然OSやソフトが起動できなくなった。新しいシステムも導入したが、どうしても使い慣れたパソコンと専用に設計されたファンクションキーボードの所作に慣れている為使い続けたいとのご希望が寄せられました。
このCADシステムには特殊なセキュリティROMが組み込まれている為別パソコンでの運用が行えない為、経年した部品のオーバーホール、HDDの交換と磁気情報の修正を行い、MICROCADAMが見事復活起動する事が出来ました。
納品後には何処も受けてくれなかった修理を行ってくれて、マイクロキャダムを継続して使うことができて本当に良かったとおしゃっていました。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。