WindowsNTが故障してしてしまった。原因と対処法が知りたい

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > 古いパソコン修理 > WindowsNTが故障してしてしまった。原因と対処法が知りたい

WindowsNTが故障してしてしまった。原因と対処法が知りたい

古いパソコン修理
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

WindowsNTと聞いて、懐かしいと思う人、何それ?と思う人さまざま化と思うので、まずは、WindowsNTの説明を。

Windowsは、XPより昔は、9x系とNT系に分けられてました。

9x系

16ビットMS-DOSの派生で、個人用途向けのものとされていた。厳密な意味ではマルチタスクではなかった。「システムリソース」なるものが存在し、プログラムを起動するたびにシステムリソースを消費し、プログラムを終了しても、リソースが回復しないという致命的な不具合?を持っていたために、フリーズやブルースクリーンが出て落ちることが多かった。ソースが少なくなると動作が不安定になったり、文字化けしたりすることもあったので、とてもじゃないけど業務用途には使えない代物だった。

NT系

32ビットのMS-DOSとは全く異なるOSで、「プリエンプティブマルチタスクOS」と呼ばれていた。9x系と比べると動作は非常に安定しており、ブルースクリーンになることはほとんどなかった。業務用途には最適であったが、当時は周辺機器やアプリケーションが対応していない場合もあり、爆発的な普及はしなかった。

この中で、WindowsNTは、WindowsNT3.51 とWindowsNT4.0が日本では一般的でした。

 

故障原因と対処方法

WindowsNTはOS自体はほとんど壊れないので、故障(起動不能)になる場合は、たいていは原因はハードウェアにあるといってよいと思います。

HDDの故障

WindowsNT4.0 WidowsNT 3.51は、HDD故障を想定しておりません。HDDが故障した場合は、動作不良や起動不能になります。対処方法としては、HDDを新品に交換する必要があります。市販のHDDコピーマシーンは不良セクタコピー機能がついていないので、自力で復旧したい場合は、データはあきらめてWindows再インストールする方法しかないです。

パソコン本体の故障

本体が壊れた場合は、メーカー修理はしてくれないし、一般の修理店でも古くて修理不可になる場合がほとんどなので、自力での復旧は難しいことがほとんどかと思います。(弊社は修理できますが。。。。。)

まとめ

WindowsNTは、非常に軽快で信頼性が高いOSなのでOS自体がクラッシュする可能性は低いといえそうです。起動不能になった場合は、本当に大事なシステム(業務用途や工場で使用)の場合は自力での復旧は不可能といえます。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。