医療研究施設の検査装置のコンピュータ(WindowsNT 3.51)のHDDクラッシュ

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > HDD交換 > 医療研究施設の検査装置のコンピュータ(WindowsNT 3.51)のHDDクラッシュ

医療研究施設の検査装置のコンピュータ(WindowsNT 3.51)のHDDクラッシュ

HDD交換
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】東京都文京区B研究所様
【ご依頼内容】Optiplex GX110のWindowsNT3.51 運用パソコンのHDDがクラッシュした。データ復旧希望
 【鉄人の修理内容】データ復旧できず、HDD交換、英語版Windows3.51インストール、ドライバインストール




弊社ではよく扱っているDellのデスクトップPCです



民生用ではありますが、結構産業用途に使用されています。



HDDは最重度物理障害で、完全クラッシュしています。



念のため、電源モジュールのコンデンサーを確認しました。この年代のパソコンは、部品が非常にしっかりしているので、まだまだ使用できそうです。



メモリテストはOKです。メインボードも問題なさそうです。データ復旧希望でしたが、最重度の物理障害のため、今回は英語版WindowsNT 3.51をクリーンインストールすることになりました。



WindowsNTをクリーンインストール後、サービスパックをインストールしました。



グラフックドライバーをインストールしました。



イーサネットドライバーをインストールしました。インターネットに接続ができるようになりました




サウンドドライバーをインストールしました。音出ます。



今のOSとほとんど画面が変わらないのに、占有容量はなんと800MBです!!!!!一体、この15年間の進化は何?って思ってしまいます。




全分解し、簡易オーバーホールをしてから、本組します



WindowsNTの画面です。めちゃくちゃ懐かしいですね。

 

パソコン修理の鉄人は、英語版Windowsのインストールも行ってます。今回のお客様は、検査装置のメーカーさんとのやり取りで、アプリケーションのディスクは何とかなったそうですが、おそらくこのあとインストール費用や設定で莫大な費用がかかったと思います。HDDが故障すると、その後が大変なので、旧型パソコン、産業用コンピュータはHDDクラッシュする前にメンテナンスをすることが重要なのです。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。