精密機械製造業の業務アプリ(Windows2000)のパソコンの電源が入らなくなった!

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 修理の鉄人実績ブログ > HDD交換 > 精密機械製造業の業務アプリ(Windows2000)のパソコンの電源が入らなくなった!

精密機械製造業の業務アプリ(Windows2000)のパソコンの電源が入らなくなった!

HDD交換
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】栃木県大田原市の精密機械業様
【ご依頼内容】OPTIPLEX 170Lの電源が入らなくなった
【鉄人の修理内容】電源ユニット交換、HDDの交換




Dellのよく見るタイプのPCです。



開封しました。真っ先に疑うべき電解コンデンサは問題ないようです。




BNCプラグの特殊ボードが装着されています。



IDEタイプのHDDがついています。まずは、この磁気情報の抽出を行います。これにより、お客様の大切なデータが消失する事故を防ぎます。



これが、HDDです。



続いて、電源ユニットのテストを行います。電源テスターでは正常の値です



ユニットを分解して目視します。コンデンサの破裂、抵抗の焦げなどはないようです。



CPUクーラーを外して、メインボード目視チェックです。特に問題ないようです。



CPUのクーラーを洗浄します。経年劣化で冷却性能が落ちることが多く、洗浄することにより性能を回復できます。
これにより、コンピュータの安定性が上がります。



内蔵HDDの健康状態です 正常判定 使用時間は7890時間です。年式が古い割には使用時間が少ないです。おそらくは、検査時などの必要な時に短時間起動するといった使用方法だったのかもしれません。




CMOSクリアしてバッテリー交換しました 最小構成にしたら起動するようになりました。いまだ原因特定できてません。



光学ドライブ不良のためFDDより診断プログラム実行。



メインボード、メモリは問題ないようです。しかし、テストの過程で、電源電圧が不安定であることが判明。



弊社のテスト用良品電源ユニットに交換してテストを行ったところ、良好でした。



クローン化したテストHDDからWindows2000の起動を確認。
今回の原因は、電源ユニットの劣化による電源動作不安定ということでした。早速同じ型の電源を手配し、装着しました

あと、HDDは8000時間近かったので、新品へ交換しました。




パソコン修理の鉄人は、どんな修理でも必ずお客様データの安全を考えて複製(バックアップ)を取ったうえで作業に着手しております。このため、今まで15年で1件もお客様データ消失の事故が起きておりません!!!!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。