いつごろから旧型パソコンってことになるの?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > 古いパソコン修理 > いつごろから旧型パソコンってことになるの?

いつごろから旧型パソコンってことになるの?

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

以前にパソコンの寿命についての記事で説明した通り、パソコンは、たいてい5年もすると寿命に近くなります。
しかし、6,7年落ちのパソコンであれば、まだまだ部品が中古市場に流通しているので容易に保守部品を入手できる場合が多いです。

さらに、OSも6年くらいは使用できるので、このくらいですと「旧型パソコン」とはみなしません。

旧型パソコンの条件?

独断と偏見ですが、「旧型パソコン」は

  1. メーカー部品保有期限が切れている
  2. OSのサポートが切れて数年以上経過している
  3. HDD、CPU,メモリ、拡張ボードなどの主要部品が現在主流のものと全く互換性がなくなっている

こんな条件を満たしているものではないでしょうか?

とくに、3.の部品の互換性が特にポイントになるかと思います。

 

主記憶装置(HDD、SSD)の互換性

HDDでいうと現在の主流はSATAで、SSDは、M.2などです。PATAや、zifなどは完全に世代が異なります。

メモリの互換性

メインメモリは、RIMM,EDO,SODIMM,DDR1,DDR2,DDR3,DDR4など世代交代たされています。DDR1は非常に入手が困難なので、このあたりから旧型といえそうです。

CPUの互換性

CPUは非常に世代交代が早いのですが、直感的には、CPUの名称が大きく変更になるタイミングから旧型といえそうです。大きくは、386,486,Pentiumシリーズ、Coreシリーズと変化しています。
2017年現在は、Coreシリーズの全身のPentium4以前だと、旧型PCといえそうです。

 

まとめ

 

旧型PCとは、大体10年以上昔のパソコンといったところでしょうか。具体的な条件?は上記のようなこととなります。

よくわからない場合は、パソコン修理の鉄人になんでも聞いてください!!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。