最新のPCの修理と古いPCの修理は何が違うの?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > 古いパソコン修理 > 最新のPCの修理と古いPCの修理は何が違うの?

最新のPCの修理と古いPCの修理は何が違うの?

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

パソコンに使われている部品には、消耗品があります。

  • 電解コンデンサー
  • グリス
  • バッテリー
  • リチウムイオン電池

また、消耗品以外にも、ケーブルのリード線の酸化、コネクタの酸化、そのほかのプラスチック部品の硬化などもあります。

最新型のパソコンは、上記のような部品の劣化はほとんどありませんので、壊れた部品のみを交換することで十分ですが、旧型パソコンの場合は、今現在正常に動作している部品も交換しないと、いつ壊れてもおかしくない状態にあるのです。

 

また、最新型のパソコンは、保守を行うための部品は基本的には入手が可能です。したがって、部品交換が非常に容易で低コストでできます。それに対して、旧型パソコンは、どの部品が入手可能で、不可能な場合の代替え部品や、別の方法を検討することも視野に入れなくてはなりません。

例えば、フロッピーディスクドライブにおいて、モーターはめったに故障しませんが、FDDを駆動するためのプーリーはすぐに劣化するので交換が必要ですが、この部品は純正品は入手できませんが、メカトロ関連のプーリーで代用が可能となります。

さらに、FDDを検出するプッシュスイッチは、同じ型番のものはほぼ入手不可能ですが、似ている仕様のものは入手ができます。が、寸法が異なるので、新たに台座などを自作する必要があります。

 

まとめ

 

最新のパソコンの修理は、基本的には、入手できる部品を交換するだけでよいのですが、旧型パソコンの修理は非常に多くの消耗部品を交換する必要があるだけではなく、入手不可能な部品の代替え用部品が必要であったり、接点の酸化や部品の破損なども視野に入れて修理、メンテナンスが必要となりますので、難易度は格段に高くなります。

 

30年前のパソコンの修理にチャレンジするパソコン修理の鉄人でした!!!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。