旧型PC治してもすぐ壊れてしまうか不安なのですが

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > 古いパソコン修理 > 旧型PC治してもすぐ壊れてしまうか不安なのですが

旧型PC治してもすぐ壊れてしまうか不安なのですが

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

電子部品、特に電解コンデンサーは消耗品であり、時間がたてば寿命を迎えます。また、HDDも同様で寿命があります。
30年前のパソコンは、今でも動くことがありますが、これは奇跡的に動いているといえそうです。

旧型パソコンを修理もしくは延命するということは、いずれ故障するまでの時間を延ばすことであると認識する必要があります。

一般的に、電子機器の故障確率と時間の関係は、「バスタブ曲線」を描くことが知られています。

 

つまり、故障の修理や延命措置というのは、あくまで次の故障までの時間を延ばすための手段であり、永遠に故障しないようにすることではありません。。

それでは、故障しないようにする方法はあるのでしょうか????

究極の延命方法は、「仮想化」です!

 

仮想化について

 

現在は、パソコンの性能が向上し、数年前の処理速度の数十倍、100倍以上の高性能を実現しました。このため、最新のWIndowsで、バーチャルマシンというものを動かすことができるようになりました。
つまり、最新のパソコン上で昔のパソコン環境を作ってしまうことができるようになったのです。

 

Windows7上で、WIndows98が動いています

 

旧型パソコンをこの、仮想環境に置き換えることにより、機械の寿命から解放することができます。つまり、仮想環境に移行することにより、今後電解コンデンサの寿命やHDD故障のリスクがなくなることになるのです。もちろん、仮想環境を動かしているコンピュータの故障リスクはありますが、仮想環境というのは、非常に容易に別のパソコンに引っ越すことができます。

ただし、仮想環境を作るうえでネックとなるのは、インターフェース部品です。例えば、ISAボードを使用している場合は、仮想環境を提供するコンピュータにもISAボードがついている必要があります。

 

まとめ

 

旧型コンピュータを修理、延命したら、永久に故障しなくなるわけではなく、あくまで寿命で故障するまでの時間稼ぎにしかなりません。これを克服する方法が「仮想化」という技術ですが、仮想化するためには、プラットフォームとなるパソコンが、物理的に元のパソコンの拡張ボード等をサポートする必要があります。経験的に、RS232Cや、SCSIを使ったようなシステムでしたら、ほとんどの場合仮想化が可能です!

 

30年前のパソコン修理、仮想化に常にチャレンジしているパソコン修理の鉄人でした!お読みいただきありがとうございました。

 

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。