自分でSSD交換しようとしてPC開けたら見たことないSSDがついてた

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > PC高速化 > 自分でSSD交換しようとしてPC開けたら見たことないSSDがついてた

自分でSSD交換しようとしてPC開けたら見たことないSSDがついてた

PC高速化
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

2017年現在主流のSSDは、2.5インチSATAタイプのものです。これ以外にもSSDがあり、ノートPCを開けたらどれがSSDかわからないなんてこともあるようになってきました。現在のSSDの種類について解説します。

 

2.5インチタイプ

2.5インチのタイプは、最もメジャーです。数年前まではPATAタイプの物もありましたが、今はほぼ絶滅状態です。そして、SATAタイプが主流です。

 

2.5インチPATAタイプ

2.5インチSATAタイプ

 

そのほかの形状

 

最近では、2.5インチのパッケージが大きすぎるので、これをなくす傾向にあります。MSATAタイプが登場してきて、最近では、M.2という形式が主流になりつつあります。この中でも、PCI-Expressタイプのものが今後増えていくことでしょう。

 

MSATAタイプのSSD

 

 

M.2タイプのSSD

 

これらのSSDは、SATA形式よりはるかに高速に動作するので、小型化と高速化を両立した夢のSSDと言えます。

今後、このようなものがどんどん増えていくでしょう。

 

ちなみに、低価格なSSDの代表として、eMMCというものがあります。これは、SDカードをパソコンにくっつけたようなもので、速度はあまり速くないのですが、低コストで、HDDよりはマシというメリットがあります。しかし、基盤に直接ついていますので、寿命になると、PC自体も使えなくなるという致命的な弱点があります。

 

まとめ

 

現在は、2.5インチのパッケージタイプのSSDが主流ですが、M.2に移行しつつあります。今後は、さらに高速なまったく新しいタイプのSSDが出てくるかもしれませんが、やはり、パッケージではなく、基盤むき出しのタイプが主流になるかと思います。こうなると、水濡れの時のデータ喪失リスクがHDD時代よりはるかに高くなるかと思います。SSD交換をご自身で行う場合には、まず分解をしてどのタイプのSSDが入っているかを確認してから部品を購入するようにしたほうが良いでしょう。

 

ご自身で行う自信がない方は、パソコン修理の鉄人にお任せください!

 

 

 

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。