どこのメーカーのSSDがいいの?

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > PC高速化 > どこのメーカーのSSDがいいの?

どこのメーカーのSSDがいいの?

PC高速化
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

今は、SSDは様々なメーカーの物があります。特に、どのメーカーが良いのでしょうか??

SSDの種類について

SSDには、記憶の方式によって大きく3種類に分けられます。

  1. Single-Level Cell:SLC
  2. Multi-Level Cell:MLC
  3. Three-Level Cell:TLC

です。昔は、上記1,2だけだったのですが、今は、SLCはごく一部の産業用にしか使われなくなりました。事実上2か3となります。

これらの違いは、Nandフラッシュメモリの1素子の記録方式の違いです。

  1. SLC:1つの素子に1か0の情報を記録する
  2. MLC:1つの素子に2bitの情報を記録する
  3. TLC:1つの素子に3bitの情報を記録する

つまり、1より2、2より3のほうが記憶容量を増やすことが可能です。

 

しかし、1つの素子に多くの情報を詰め込む場合は、エラー訂正等が必要となり複雑になるので、速度が低下します。また、書き込みの寿命も1ケタ変わります。

  1. SLC:10万回書き込み可能
  2. MLC:1万回書き込み可能
  3. TLC:1000回書き込み可能

 

現在市場に出回っているSSDは、実はほとんどが3のTLCのタイプです!!!! 信頼性が低く速度も低いのですが、値段が安いというメリットがあります。

 

VNANDという技術

今までは、メモリの大容量化は平面にて高密度化されてきました。しかし、密度が高くなると速度が遅くなるという欠点がありました。これに対して、簡単に言えば、密度を上げるために、3次元的にメモリセルを配置することによって、速度低下を抑えて高密度化する手法をSamSungが実用化しました。

経験的に、V-NAND方式のSSDは高性能で壊れにくいようです。

まとめ

お勧めのSSDは、ずばり、MLCタイプのV-NAND方式のSSDで、

Samsung 850 Proシリーズです。

その次にお勧めなのは、TLCではあるけど、V-NAND方式のSSDで

Samsung 850 EVOシリーズです。

格安のTLCは正直お勧めできません。いきなり壊れることもあります。

 

パソコン修理の鉄人は、ほとんどV-NAND方式をSSD交換にて採用しています!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。