NEC PC9801RA5の延命改造

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 修理の鉄人実績ブログ > 古いパソコン修理 > NEC PC9801RA5の延命改造

NEC PC9801RA5の延命改造

古いパソコン修理
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼主】群馬県安中市 法人のお客様
【ご依頼内容】NEC PC9801RA5の5インチFDDを3.5インチに交換、SSD化して延命したい(制御ソフトはそのまま)
【鉄人の修理内容】ST-506のHDDをSCSIのSSDに移植、5インチFDDを3.5インチFDDに移植
【修理費用】40万円以上

 

 

30年前の懐かしい98です。5インチFDDも健在です。

 

 

制御ソフトが起動します。これをSSDから起動するようにshい、3.5FDDが使えるようにするのがミッションです!

 

 

年式の割にはきれいです。このころのPCは、耐久性が非常に高いです。

 

 

ST-506のHDDとコントロール基板が別になっています。

 

 

5インチFDDです。インターフェースは今とほとんど変わっていません!

 

 

HDDの制御基板です。コストがかかってます。

 

 

ST-506 のHDDです。1991年製です!!!まだ動いてます、、、すごい!ここからデータを吸ってSSDに入れます。

 

 

 

 

 

3.5インチFDDです。この部品は今の物とほとんど変わっていません。むしろこのころのFDDのほうが作りがしっかりしています。

 

 

 

SCSIのSSDです。CBASの拡張ボードにSCSIがあるので、それを利用して、SCSI SSDを装着します。
MBの小容量なので、産業用のCFを使います。銅板で放熱処置をします。

 

 

HDDをマウントしている部品を改造して、SCSI端子を取り付けます。また、この内部にSSDを組み込みます

 

 

お客さんは、SCSIを使うとのことなので、SCISのSSDを内蔵して、そこからSCSI端子を外に出します。

 

 

SSDから無事起動するようになりました。

 

 

制御ソフトも動作OKです。本組してPC-9801の延命が完了しました。

 

 

パソコン修理の鉄人は、30年前のパソコンも修理・延命ができます!!!!ぜひご相談を!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。