キーボードのキートップがはずれてしまった

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > その他のお悩み > キーボードのキートップがはずれてしまった

キーボードのキートップがはずれてしまった

その他のお悩み
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

ノートパソコンのキートップが外れてしまうトラブルは意外と多く、下手に自分で直して余計悪くなるケースが結構あるようです。キートップが外れたときの対処方法を解説します。

 

キーボードの仕組み

 

ノートPCのキーボードは、パンタグラフ式が主流です。キートップ、パンタグラフ部品、ゴム部品の3つで構成されていることが多いです。基本的な考え方として、工業製品は、コストを下げたいわけであって、わざわざ組み立てに熟練を要するようなものは作りたくないのです。キーボードだって、簡単に組みあがるほうがコストは下がるので、コツさえ覚えれば簡単に組めるわけです。

 

キートップが取れた場合は

 

普通の使い方をしている限り部品が折れて取れることはないかと思います。取れたときは大きな力が加わって、部品が外れただけである可能性が高いです。余計なことをせず正しく組めばなおるということです。

  • 大きな力を入れない
  • よーく構造を見て、大きな力を加えずに部品を取り出す
  • 部品は絶対になくさない
  • 間違っても接着剤は使わない

これらを守るようにしてください。

 

パンタグラフの取り付け方

 

%e7%a9%b4%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%82%8b

 

まず、パンタグラフが取れた場合は、二つの部品をくっつけます。上の写真のように突起を穴に入れます。この際部品に向きがあるので、何通りかやってみてください。

 

%e6%8e%a5%e5%90%88

 

そうすると、うまい組み合わせだと、二つの部品がうまく重なってぴったり面が合うようになります。こうなるまでひたすらトライアンドエラーを繰り返します。これがうまくいかないと絶対に直せません。

 

%e5%bc%95%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%81%91

 

キーボード側は、4か所ほど引っかかりがあります。組みあがったパンタグラフの突起を上図の4か所のフックに引っかけるわけです。
コツは、大きな力を入れないことです。色々なパターンがあるので、説明は難しいですが、パチン!ってはまるはずです。熟練すればピンセットも不要です。

 

%e5%bc%95%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%8b

 

うまく引っかかると、パンタグラフが完全にぺったんこにたためます。指で引き上げるとパンタグラフが上がります。

 

%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91

 

パンタグラフを上げ下げできる状態になった後は、取れたキートップを上にのせて「パチン」となるまで押し込むだけでOKです。余計な操作は不要です。うまくはまらない場合は、パンタグラフの取り付けがうまくいっていないことが多いです。

 

ご自身でうまくできない場合は、超高度な技術者集団ピーシーエキスパートのHPからお気軽にお問合せください!

 

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。