Dynojetダイノジェット キャブレター調整パソコンが起動しない | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > Dynojetダイノジェット キャブレター調整パソコンが起動しない 

Dynojetダイノジェット キャブレター調整パソコンが起動しない 

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田起也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】山口県防府市の法人様
【ご依頼内容】IBM PC300PL 起動しないパソコンの修理と延命
【鉄人の修理内容】旧型PC修理




IBMのPC300PL 20年以上前に販売された横置きデスクトップPC。windows98がインストールされた状態で広く販売されたパソコン





特殊な通信カードが換装されています。外部機器を制御するために機器メーカーがカスタムしています



発売当時の発売当時のファーストステップガイドやリカバリディスク。申告に因れば運用OSとは違うようです



お客様からの申告通り起動しない状況です。画面はブラックアウト



ハードディスクです。経年劣化により故障しております。磁気情報破損しております。部品交換及び磁気情報の修復は必須です。お金を出しても二度と入手できない特殊なソフトが記録されている為、絶対修復します



PC内部です。メインボード経年劣化しております。オーバーホール必須です。キャブレター調整制御に用いられたコンピュータ内部には、おそらく排気すすのような黒いカーボンが付着しています。写真右下に装着されているのは特殊な接続形状の通信ボードです。このボードは替えが無いので非常に重要部品です。



メインボード上のメモリです。故障している為交換します



電源ユニットです。経年劣化しております。もともと民生用部品は連続運用には向かず、本コンピュータには産業用部品が必要です



磁気情報を修復しDOS起動させることに成功しました。



お客様ソフトの起動も確認できました。



全分解開始します



CPUボード、通信ボード、CPU、メモリ、ケースファンを分解してオーバーホールします。経年劣化したコンデンサは全て高信頼日本製部品への交換です



シャーシにも吸い込んだ埃が黒く堆積しているので、きれいにクリーニングします



ライザカードにはPCIとレガシーなISAバス。当時の通信ボードの多くはISAインターフェースの為、継続した運用にはこのISAバスは必要です



左通常電源、左産業用電源ユニットはファクトリーコンピュータに特化した高信頼日本製Nipron社へ交換



CPUボード洗浄 各接点洗浄復活処理 CPUファンクリーニング コンデンサ交換



クリーニングしたパーツを組み込みます



クローン化してストレージでエージング検査実施



しばらくアイドル状態でエージングしたマザーボードをサーモグラフィーカメラで検査 異常な半導体も無く安定稼働を確認しました



ケースfanは新品へ交換 マウンターは洗浄して組み込みます。パソコン内部温度はアレニウスの法則により冷却すれば寿命が延びることが分かっています



産業用SSDストレージへクローン化、マウンターに固定して熱対策に放熱銅板を取りつけます。このSSD形は小さいですが、性能は数十倍です。



固定爪が折れて取れていたスイッチを再固定します



全ての部品をメンテ後に本組込みします。メモリの後ろはIntelのCPUです





背面カバーを取り付けて検査継続 マウスキーボードは同じPS2規格の為逆差し防止に名前シール貼り付け



カバーを取り付けてコールドブートとウォームブート検査を繰り返します。 到着時写真1と比較して下さい。ケースも洗浄しました。これでまた末永く安定動作してくれるでしょう。

ハーレーダビットソンなどのキャブレター整備に使用するパソコンが急に起動しなくなった。

ハーレーダビットソンなどのキャブレター整備に使用するパソコンが急に起動しなくなり、整備作業がストップしてお客様に迷惑をかけてしまっていた。
古いパソコンなので何処も修理できないと言われ困り果てていた。
今回、故障部品の交換とオーバーホール、電源は産業用高信頼の部品へ、ストレージは汎用HDDから産業用SSDへ交換して磁気情報をクローン化したので今まで同様に専用ソフトが継続利用できる修理ができました。
今回の修理では経年した部品の交換や修理だけではなく、専用ソフトが記録されたストレージを、産業用SSDへ交換する事で、今まで以上に高速に動作する快適パソコンに蘇る事が出来ました。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。