ネットワークインフラ機器開発製造制御 産業用途コンピュータの修理延命 | パソコン修理の鉄人(達人)

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 修理の鉄人実績ブログ > 古いパソコン修理 > ネットワークインフラ機器開発製造制御 産業用途コンピュータの修理延命

ネットワークインフラ機器開発製造制御 産業用途コンピュータの修理延命

修理の鉄人実績ブログ
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】千葉県佐倉市の法人様 産業用コンピュータ修理延命
【ご依頼内容】Windows98ファクトリー運用Optiplex GX200が起動しなくなった
【鉄人の修理内容】メインボード、電源ユニットの経年劣化した半導体コンデンサ部品の交換オーバーホール作業




「パソコン前面」にはフロッピードライブと光学ドライブが実装されています



「パソコン裏面」CPUボードにオンボードのインターフェースとは別にSCSI通信ボードが刺さっています



パソコン本体 お客様環境下でどのように接続設置されているかの状況写真もお送り頂きました。



到着直後の状態を確認するためコールドブート検査実施

Windows98の起動、デスクトップ表示をを確認しました。



初回起動を確認後すぐにシャットダウンしパソコン内部の状態を確認します。



産業用コンピュータに限らず最も重要な部品はOSやソフト、データを記録したストレージです。

ストレージは消耗部品の為、何年経過しているか何時間運用しているかで必ず劣化を生じる部品です。

時としてヘッド障害やプラッタ障害、クラッシュして磁気情報の復旧が必要な場合がございます。

本HDDはそこまで至っていませんが、民生PC用の汎用HDDで産業用への交換必須です。



産業用ディプリケータでオリジナルHDDの状態を検証します。



目視でマザーボードの状態を確認します。ご利用環境によっては埃や油、粉塵などで劣化が進行している場合があります。



オーバーホール前の マザーボード温度測結果です。サーモグラフィカメラカメラで半導体部品の発熱状態を測ります。



ウォームブート検査実施 POST正常メーカーロゴ表示を確認。



検証用ストレージにクローン化したHDDで改めて起動検証 運用OSはWindows98 磁気情報に大きな損傷はなくスムーズな起動です。


マザーボード、電源ユニットの オーバーホールを実施するため全分解しました。



経年劣化が進行した半導体コンデンサー部品を全数高信頼性の日本製部品へ交換をしました。



オーバーホール後の マザーボード温度測結果です。



電源ユニット内部には大型のコンデンサー部品が用いられていますこれらも全数の交換をしました。



産業用ストレージに磁気情報を複製する事で、連続稼働させる機会の多い産業用途にも安心した操業が可能です。



産業用ストレージ5インチベイにをマウントしました。



Windowsのシステムのプロパティー。 最適化を確認。



運用ソフトjeolSystems SpecXPS光電子分校装置の起動を確認しました。

写真では判明しづらいですがダイアログ左右に流れるようなノイズが発生することを確認

調査に因りオンボードGPU劣化により表示ノイズが発生するため、PCIバスで同解像度が出力可能なボードを実装する方針としました。



本組をしました。



故障したVGA端子をふさぎ 増設した映像出力端子をお使いください。 DVIにも対応しています





運用ソフトの起動を確認しました。ノイズもなくクリアに表示できることを確認しました。

24時間以上の電源断後にコールドブート試験を数日繰り返し、エージングを行い、実運用下でのリスクに近い状態を再現し安定動作を確認して納品準備します。

産業用ファクトリーコンピュータには定期的なオーバーホール延命作業をして安定運用

「今壊れたら工場生産ラインに支障が出る」パソコンのフリーズや異音が発生する事があるので、壊れる前に診断延命ご希望の旧型コンピュータ
民生用コンピュータに使用される半導体部品の表記される性能を維持できる時間には限界があり、必ず経年劣化するものです。
個人用途なら買い換えれば済むハードとソフトも、産業用途のハードとソフトは買い替えができないか、できる場合でも工場装置も同時に変えるには数千万以上のコストがかかる事となります。
メインボードと電源ユニットの経年コンデンサ部品とストレージを産業用SSDへ交換し、今まで通りのソフト環境が安定高速に動作する事が出来ました。
古いOSの為、メーカーでもソフト会社でもできなかった、旧型パソコン延命修理ができて、「旧型パソコンの相談ができる会社に巡り合えた」とお喜びでした。

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。