和歌山県縫製工場のWindows3.1運用マシンのHDDクラッシュ

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人(達人) > 助けて鉄人!PC修理相談室 > HDD交換 > 和歌山県縫製工場のWindows3.1運用マシンのHDDクラッシュ

和歌山県縫製工場のWindows3.1運用マシンのHDDクラッシュ

HDD交換
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼者様】和歌山県の縫製工場様
【ご依頼内容】FMV5120D5のWindows3.1パソコンが起動しなくなった。部品取パソコンを使って直してほしい
【鉄人の修理内容】HDDデータサルベージ、産業用SSDへの交換、部品取PC使用して延命措置



富士通デスクパワー windows95.98時代に普及したパソコンです。お客様独自に部品どり用パソコンを用意しておりました。結構このようなお客様は多いです。こちらも助かります!



SCSIカードが入ってます。それ以外はノーマルです。仮想化も可能かと思います。



時代を感じるキーボードです・・・



縫製工場だけあって、埃がすごいです。これは劣化の原因になります!



CPUファンのグリスが完全に乾燥していて、さらに冷却ファンが外れています。。こりゃひどい!!



電源の中身を観察します。凄いホコリです。これが水分を吸うと大変なことになります。火災にもつながります。



ホコリを除去しました。ガラスエポキシ基板です!!さすが日本製です!!!



CPUグリスが完全に硬化しています。幸いにしてこの時代のCPUはあまり熱を出さないのでここまで動いていたのでしょう。これからは延命しなくてはならないので、熱対策に力を入れます!



基板とCPUを洗浄。



新品クーラーを取り付けます



冷却性能が向上し、耐久性も向上しました



FDDの読み取りができませんので、部品取りFDDに交換します。もちろんメンテします。



HDDクラッシュは何とか復旧できました。復旧した磁気情報を産業用高信頼性SSDに転送をして、装着します。原理的にHDDクラッシュはなくなりました!



メインボードを洗浄し、テストをしました。合格!


キーボードがなぜか反応しなかったのですが、お客様のキーボード端子のプラスチックが欠けて本体に入り込んでました。。これを除去したら問題なく認識するようになりました。レアケースです・・・



SSDの放熱対策をしっかりしてマウント。無事納品できました!!


 

パソコン修理の鉄人は、HDDクラッシュにも対応できます。しかし、重要なのは起動しなくなったら直ちに相談いただくことです!これが貴社の将来に大きな影響を与えるのです!

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。