PANASONIC CF-SX2JEADRのSSD交換 交換前HDDリサイクル

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 修理の鉄人実績ブログ > レッツノート修理 > PANASONIC CF-SX2JEADRのSSD交換 交換前HDDリサイクル

PANASONIC CF-SX2JEADRのSSD交換 交換前HDDリサイクル

レッツノート修理
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

【ご依頼主】埼玉県和光市の法人様
【ご相談内容】動作が遅いのでSSDに交換して高速化したい
【鉄人の修理内容】SSD交換作業・取り出したHDDを外付けに改良
【費用】税別75,000円程度

hd16050961352-1

 

レッツノートCF-SX2のSSD交換+取り出したHDDをUSB外付けドライブに改良です。
まず、いつものごとく、HDDコンディション確認です。

 

hd16050961352-6

 

コンディションは非常に良いです!これなら、USBの外付けドライブとしてまだまだ使えます!!388回で1200時間使用ということは、1日3時間程度しか使っていないことになります。SMART情報で、パソコンの使用状況までわかってしまうんです。サーバーマシンとかの場合は、使用時間が2万時間で、電源投入回数が10回とかだったりします(笑)

 

また、HDDのベンチマークテストをします。

 

hd16050961352-7

 

遅い!!!さすがに、SATAでシーケンシャル65MB/sは遅いです。もっさりしていて、ユーザーさんはしんどかったかと思います。この数値がどこまで伸びるか楽しみです。
続いて、レッツノート純正のテストツールで本体の故障チェックをします。

 

hd16050961352-5

 

特に問題がありませんでした。本体が正常、HDDも正常なので、問題なくSSD交換作業に入れます。HDDを取り出します。今回の依頼は、HDDデータ引っ越しではなく、出荷時状態への戻しなので、データ引っ越しはしません。が、SSDをそのまま入れてもWindowsをインストールすることができません。なぜかというと、HDDに、工場出荷時状態にするDtoD領域があるからなのです。

この領域をコピーしてあげる必要があるので、通常通りデータコピーを行った後に、手作業でリカバリー作業をします。

 

hd16050961352-8

 

hd16050961352-11

 

データ引っ越しをして、DtoD領域(リカバリーデータ)をコピーして、そのまま出荷時状態にします。

hd16050961352-15

出荷時に戻し、Windows Updateを行うと・・・・・・・  228も更新があります!!!!しかも、これ、この更新が終わってもまだまだ更新があります。
モノはいいようで、更新プログラムって、バグ修正であったりもします。つまり、228か所も不具合があったことになるんです。Windowsって、本当に欠陥だらけのOSなんです。

この更新作業を全部やるとそれだけで丸一日以上かかります。納期優先のため、更新作業はお客様にお願いして、ベンチマークをとりました。

 

hd16050961352-12

 

シーケンシャルが4倍以上、ランダムは100倍以上!!!!SSD恐るべしです。あとは、取り出したHDDをUSBドライブに改良して、認識確認→納品となりました。

 

hd16050961352-13

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。