ノートパソコンのディスプレイが壊れたら修理が可能です

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > ノートパソコンのディスプレイが壊れたら修理が可能です

ノートパソコンのディスプレイが壊れたら修理が可能です

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

ノートパソコンのディスプレイ故障の症状

ノートパソコンのディスプレイが壊れてしまうのは、単純にヒビ割れなどだけではありません。例えば液晶画面が以前よりも暗くなってしまったり、真っ暗になって何も映らなくなった、明るくなったり暗くなったりするという症状が現れるようになったら、液晶画面を映すためのバックライトやインバーターなどが切れてしまった、もしくは壊れてしまった可能性が考えられます。また、画面に黒い線のような筋が入るという場合には、画面自体にというよりもマザーボードとディスプレイの接触が悪くなっていてこのような症状が出ている可能性があります。液漏れは液晶パネル自体に問題があると考えられ、赤っぽくなると暗くなった時同様にバックライトやインバーターに問題が生じた可能性が高いです。ノートパソコンのディスプレイに故障のサインが現れたら、修理を行う必要があります。

ディスプレイのみの修理は可能?

ノートパソコンだと画面とHDDが一体となっているため、画面が壊れてしまったら全て取り替えないといけないと思われる方も多いのではないでしょうか?しかし、実際はディスプレイ部分だけを修理することは可能です。もちろん、内部にも影響があるような場合はそちらの修理も行わなければなりませんが、基本的にディスプレイだけで修理することができます。また、修理よりもノートパソコン自体を交換した方が良いという場合もあります。そういった時は中に入っているデータなどを取り出して新しいノートパソコンに移動することができるので、移行してもらいたい場合は修理業者にその旨を伝えましょう。交換と同時にデータ移行作業も行ってもらえます。

修理・交換以外の方法でパソコンを使いたい時は?

ディスプレイは使えない状態でも起動することができる場合、外部ディスプレイとノートパソコンを接続することで他のディスプレイにノートパソコンの画面を映すことができます。ほとんどの機種はこのように外部接続が出来るようになっているので、ケーブルを購入し、外部ディスプレイから操作してみましょう。ただし、この方法は外部ディスプレイとノートパソコンを両方使うことになり、さらにケーブルも購入する必要があるので中上級者にオススメの方法です。パソコンを初めて間もない方やよく分からないという方は、修理・交換に出した方がスムーズにパソコンをまた使えるようになるでしょう。

ディスプレイの破損や故障は専門業者に依頼を

ノートパソコンは持ち運びが便利な分、落としてしまいディスプレイを破損してしまうこともよくあります。こういった時はパソコン修理の専門業者に依頼することでスピーディーに液晶パネルやインバーター基盤、バックライトなどの部品交換や修理を行ってくれるので、まずはこちらに相談してみましょう。


パソコン修理は創業13年・復旧率95%のパソコン修理の鉄人へ

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。