データを保存するHDDやSSDの違い、速さについて

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > データを保存するHDDやSSDの違い、速さについて

データを保存するHDDやSSDの違い、速さについて

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

HDDもSSDもデータを保存するものですが、その違いはどこにあるのでしょうか。

HDDとは

HDDとはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、プログラムやデータなどを保存しておく記憶装置になります。最近ではパソコンだけでなく、テレビやカーナビなど様々なものに内蔵されています。HDDは磁気ディスクを読み書きし、大容量のデータの保存が可能です。

SSDとは

SSDとはSolid State Drive(ソリッドステイトドライブ)の略で、HDDの代わりになるデータを保存できる記憶装置になります。HDDもSSDも記憶装置であることは同じですが、SSDは記憶媒体がメモリチップと基盤でできているということがHDDとの大きな違いになります。

HDDのメリット・デメリット

メリット

SSDに比べるとHDDの方が値段が安い傾向にあります。また、SSDより容量が大きい部分もメリットといえるでしょう。

デメリット

HDDはモーターの作動音がしてしまうため気になる人は少しデメリットに感じるかもしれません。また、熱を持ってしまうことや、重量があるということもデメリットです。

SSDのメリット・デメリット

メリット

SSDは、起動や処理速度が速いことが最大のメリットです。また、HDDでは気になった作動音も少ないです。それに加えて、衝撃に強いという耐久性も兼ね備えています。持ち運びの多いノートパソコンならば、SSDの方が向いているでしょう。

デメリット

同じ容量で比較するとHDDよりも値段が高いのは、デメリットです。機能性よりも、コストパフォーマンスで選ぶという方にはSSDはおすすめできません。

HDDとSSDはどちらが速いの?

HDDとSSDで比べると、断然SSDの方が速いです。SSDはHDDのように磁気ディスクがないため、物理的な動作がありません。具体的には、パソコンの起動、ソフトの起動、ロード時間などが大幅に速くなり、サクサク動くようになります。ゲームなどを行う人は特にSSDの方がおすすめです。
しかし、SSDに変えてもあまり変化を感じられないという人もいます。ロードや読み込みなどHDDでも十分に対処できるような場合は、SSDにしてもあまり効果を実感できないこともあります。動画などたくさん保存したい人は、SSDだとすぐに容量がいっぱいになってしまうかもしれません。自分の使う用途に合わせて選びましょう。

HDDとSSDはどっちが壊れやすいのか

HDDはディスクが回転することで摩擦が起き、熱が発生してしまい壊れてしまいます。特に夏場は壊れやすいので、熱い部屋での使用は避け、冷房を入れて使用するようにしましょう。SSDはHDDよりも壊れにくく、容量が大きいほど壊れにくいと言われています。また、書き換え回数はある程度決まっているため上限があります。SSDは衝撃には強いですが、書き換え回数に関わらずメモリチップであるため静電気などに弱いので注意が必要です。
このようにメリットやデメリットで比較していくと、どちらが自分に合ったものなのか分かりやすくなります。自分の使い方で上手に選ぶようにしてください。


パソコン高速化|SSDに換装であなたのPCを超高速化

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。