RAIDは複数のHDDを組み合わせ、処理を高速化します

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > RAIDは複数のHDDを組み合わせ、処理を高速化します

RAIDは複数のHDDを組み合わせ、処理を高速化します

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

RAIDはHDDを複数組み合わせたもの

RAIDというのは、複数台のHDDを組み合わせることで容量の増設、読み書きをより高速化するための仕組みです。主にサーバーやシステムに使用されており、パーソナルユースではネットワークディスクに搭載されています。このRAIDを導入するメリットとして、容量の増加や処理の高速化以外に、ディスクの冗長性を確保することが挙げられるでしょう。本来は1台のHDDで稼働していますが、HDDが故障するとデータは消えてしまいます。ですが、複数台のHDDで構成されているRAIDであれば、一部のHDDが故障した場合でも、完全にデータを消去されることを回避し、システムを停止させることなく稼働することが可能です。RAIDには様々なレベル(種類)があり、それぞれ特徴や特化した能力に違いがあります。代表的なレベルが「RAID0」「RAID1」「RAID5」「RAID6」「RAID10」の5つです。

RAID0、RAID1、RAID10の特徴

RAID0はストライピングとも呼ばれています。2台以上のディスクで分散して読み書きを行うので、転送速度が高速であることがメリットです。ただし、冗長性が低く、1台でもディスクに障害がある稼働できません。RAID1はミラーリングと呼ばれており、通常は2台のディスクで稼働しているRAIDです。1台のディスクに障害が起きても稼働し続けることができ、ディスクが増えることで冗長性が高くなります。しかし、容量はディスク1台分で、転送速度が遅くなる場合があることがデメリットです。RAID10はRAID0とRAID1の技術を組み合わせているもので、最低で4台のディスクが必要になります。パリティコードと呼ばれる冗長コードつくることがなくシンプルな構成のRAIDです。RAID1のメリットを活かせますが、RAID1の特性上、全ディスクの容量は半分ということがデメリットです。

RAID5とRAID6の特徴

RAID5はパリティレイドとも呼ばれ、RAID0のように分散処理を行いながら、パリティデータつくることで分散して記憶することが可能です。最低3台のディスクを使い、障害のあるディスクだけを交換することで正常な状態へ回復できます。しかし、パリティデータを生成して書き込みを行うため、読み込みよりやや遅いことがデメリットです。RAID6は最低4台のディスクで稼働し、技術はRAID5とほぼ同じです。しかし、パリティデータを2重につくるので、より冗長性が高まります。また、4台中2台まで故障しても復旧することが可能です。RAID5よりも書き込み速度は低下するデメリットがあります。RAIDはパフォーマンスを向上させるのと同時に、ディスクの冗長性を高めることを目的にした仕組みです。自作パソコンではRAIDを構築することで、システムの高速化に期待できるでしょう。


パソコン修理は創業13年・復旧率95%のパソコン修理の鉄人へ

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。