バッテリーは正しく取り扱い、劣化が見られたら交換しましょう

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 助けて鉄人!PC修理相談室 > バッテリーは正しく取り扱い、劣化が見られたら交換しましょう

バッテリーは正しく取り扱い、劣化が見られたら交換しましょう

助けて鉄人!PC修理相談室
The following two tabs change content below.
森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

森田達也@パソコン修理の鉄人・(株)PCエキスパート代表

パソコン修理の鉄人として、千葉県松戸でパソコン修理事業を営んでいます。この道15年、日本全国対応しております!主に産業用PCなど他のパソコン修理屋さんでは困難とされる修理を得意としています。趣味はトライアスロンでそっちでも鉄人です!!

SSDのオフセット調整はなぜ必要か

ノートパソコンの機種によってもバッテリーの寿命は様々ですが、一般的に2年が目安と言われています。しかし、これはあくまでも目安であるため、使い方次第ではもっと早まったり、5年以上も利用できたりすることもあるのです。ノートパソコンによってはバッテリー状態を確認できるソフトが搭載されており、バッテリーの劣化を確認することができます。しかし、そのようなソフトが搭載されていないパソコンの場合は、駆動時間か充電時間から劣化を確認しましょう。もし電源ケーブルと繋いでも充電されない、ケーブルを抜くと0%になってしまう場合は寿命を迎えているため、バッテリーの交換が必要です。

バッテリーの交換方法

ノートパソコンのバッテリーはパソコン専門や家電量販店、通販などで購入することができます。バッテリー交換は素人に難しいイメージがありますが、説明書の手順を踏めば簡単に交換することが可能です。心配な方は事前にパソコンのバックアップを取っておくと安心でしょう。なお、バッテリーといっても様々な種類があるため、適したバッテリーの型番を事前に調べておきましょう。バッテリーには安価なものもありますが、できれば純正品を買うのが望ましいです。ノートパソコンのメーカーに問い合わせれば、取り寄せることも可能です。

バッテリーを使用しない時は取り外す

ノートパソコンはACアダプターを使用し、バッテリーを使わない場合はバッテリーを取り外しておくことが望ましいです。実は、バッテリーを付けっぱなしにした状態も、劣化を早める恐れがあります。機種によってはバッテリーの取り外しができないかもしれないので、説明書を読んで確認してください。なお、バッテリーが空っぽの状態で放置するのも劣化に繋がるので、50%ほど充電して保存しましょう。

過放電や過充電は避けましょう

バッテリーの充電は残量が少ない状態で行うと、持ちが悪くなってしまう可能性があります。さらに、充電が満タンの状態で充電を続けておくこともバッテリーの劣化に繋がるため避けてください。充電する際は画面に「充電してください」などが表示された時に行い、満タンになったらすぐにケーブルを外しましょう。また、バッテリーを充電しながらノートパソコンを使うと、バッテリーに大きな負担をかけてしまうので、充電の時は充電のみ行うことが望ましいです。ノートパソコンのバッテリーは年数や使い方次第で劣化が進み、使えなくなってしまいます。少しでも持ちを長くするためには、充電のタイミングや使用しない時には外すようにしましょう。また、モニターの明るさを変えるだけでもバッテリーの節電に繋がるのでおすすめです。


パソコン修理は創業13年・復旧率95%のパソコン修理の鉄人へ

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする

これって故障…?と思ったら

パソコン修理の鉄人では、24時間いつでも見積もりを受け付けています。
操作はとても簡単なので、「故障かな…?」と思ったら、すぐにチェックしてみましょう!

簡単30秒で見積りする
パソコン修理の鉄人!修理実績

実績をもっと見る >

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。