古いパソコンも旧型ファクトリーPCもパソコン修理の鉄人は対応可能です

パソコン修理の鉄人

MENU

パソコン修理の鉄人 > 古いパソコン修理

諦めていた古いパソコンの修理もパソコン修理の鉄人におまかせ!

10年以上前に発売されたいわゆる古いパソコンは、部品保有年数が過ぎていることが多く、修理不可能のケースが多いのが現状です。修理をしたいとメーカーに出して断られたという方も多いでしょう。パソコン修理の鉄人では、たとえメーカー部品保有年数を過ぎたパソコンであっても、現在流通している部品を使用して修理します。どうしても最新部品が使えない場合は、あらゆるルートを探して、お客様のパソコンに適合する部品を調達することもあります。
また旧型パソコンのオーバーホールも対応中。長く使用していると内部配線の接触不良、ゴム部品の硬化など劣化現象が起こります。劣化部分をメンテナンスすることで延命することができますので、気になる方はご相談ください。

こんなご相談がたくさんあります

  • メーカー修理対象外OK

  • オーバーホール対応

  • 出張修理OK

  • 独自のノウハウルートで修理

  • 豊富旧型パソコン交換実績

様々な分野の専門家が総力を上げてトラブル解決!熟練のスタッフが丁寧に対応

ミラーパソコンを持とう

古いパソコン修理は、もはやメーカーでは対応できないものも多数あります。
パソコン修理の鉄人では、旧型パソコンの修理や販売をしておりますので、是非ご相談ください。
また、業務で旧型パソコンを使っていると、どうしても故障のリスクが伴います。
そんな時は、ミラーパソコン(予備パソコン)が必須です。
万が一故障しても、ミラーパソコンがあるため安心ですよね。
10万円程度から作成いたします。

修理事例をご紹介 Repair Results

旧型パソコン 事例1

PC9821という古いパソコンが正常に起動しないという修理の相談をいただきました。

お預かりしたPC9821は古いパソコンということもあり、HDDの物理障害により正常に起動しない状態でした。
HDDから普段業務で使っているプログラムの抽出はできたため、そのプログラムを起動できるようにします。
具体的には、本体のオーバーホールや電源モジュール内の清掃、端子クリーニング、システム修復を行うといった修理内容です。
最後に診断プログラムで動作テストを行い、問題がなければ修理完了となります。

旧型パソコン 事例2

FUJITSU FMV5120D5という古いパソコンの延命・SSDへの交換という修理のご依頼をいただきました。

こうした古いパソコンの部品はしっかりしていることが多いため、内部洗浄をすることで寿命を延ばすことが可能です。
今回のケースでは、古いパソコンということもあり、冷却ファンが取れかかっていたり、CPUグリスが硬化したりしていたため、そこへの修理も行いました。
そして、HDDの代わりにSSDをマウントして修理完了です。

旧型パソコン 事例3

DELLのGX270という古いパソコンの修理をご依頼いただきました。

お預かりしたGX270は、古いパソコンでしたが外観に大きな傷などはありませんでした。
しかし、コンデンサ部品の液漏れ、内臓HDDへのダメージがあり、正常に起動しない状態です。
修理内容としては、コンデンサとHDDの交換、インターフェースの洗浄、グロスの塗り直しなどを行いました。
古いパソコンであっても、原因を一つずつ解決していくことで正常に使えるようになります。

事例はまだまだあります!

実績をもっと見る >

お客様の声 Customer's Voice

Windows95が修理対応なので弊社はとても助かっています

【ご依頼主】富山県 T・S様(52歳)

今回で4回目の修理依頼でした。
仕事で使うソフトの都合上、Windows95が不可欠なので貴社のように修理してくれる業者さんがいてくれて大変助かっております。対応も早く、説明が丁寧なので全面的に信頼しております。今後もまだまだお願いするつもりです。長い付き合いになるとは思いますが、よろしくお願いします。

新品のXPに出会えて本当に嬉しかったです

【ご依頼主】東京都 匿名希望様(19歳)

今まで使ったパソコンの中で、自分に一番あっているパソコンはXPだと感じています。だから、故障した時にも最新機種を購入しようなんて考えずに修理をお願いするつもりでこちらにたどり着きました。そしたら、新品のXPが購入できるっていうじゃないですか。ボーナスもあったし、せっかくなので買っちゃいました。自分みたいな人間にはありがたい業者さんです。

お客様の声をもっと見る >

修理の流れ Repair Flow

お問い合わせ 見積もり

まずはお問い合わせフォームかお電話から、お見積依頼・ご相談ください。
(無料)

発送と診断

修理するパソコンの発送、または持ち込みをお願いします。
商品が届き次第診断を開始します。

修理

診断結果をご報告し、修理内容をご了承いただけたら修理を開始します。(キャンセル可能)

お支払いと納品

修理完了のご連絡後、商品を返送致します。また、ご希望の方法でお支払いをお願いします。

旧型パソコンをオーバーホールしよう

旧型パソコンを使用していると、何かと動作不良や動作不安定な面が増えイライラなりがちです。そのまま使っていると劣化を促進させる原因になるのでお気をつけください。
パソコン修理の鉄人では、そういった古いパソコンは、部品を分解してオーバーホールをすることを推奨しています。
劣化部分をメンテナンスすることで、今までイライラしていた動作不良などが改善する可能性があるからです。
劣化部品がある場合は国内だけでなく世界から取り寄せます。
また最も故障しやすいHDDについては、産業用SSDへ交換することも可能。
SSDに交換すれば、動作速度がアップします。

旧型パソコンオーバーホール=基本料金50,000円〜(消耗部品代、消費税別途)

古いパソコンの究極延命方法『仮想化』とは

残念ながら経年劣化が進んだパソコンはオーバーホールをしても寿命はきてしまいます。
しかし、この寿命を引き延ばす延命方法として『仮想化』をできる場合があります。
仮想化とは、最新のパソコン内に今まで使い慣れたあらゆるアプリケーションをそのまま動かすことができること。
別のパソコンで環境を再構築できます。

ファクトリーPC(FAPC)修理の主な技術

古いパソコンやファクトリーPCをメーカー修理に出すと、大概部品保有年数が過ぎているので『受けられない』と返答されるでしょう。
専用アプリケーションをバージョンアップできないケース、どうしてもこのパソコンを使いたいという方、工場設備のパソコンの延命など、すべて『パソコン修理の鉄人』にお任せください。

古いパソコンの延命・復旧もお受けいたします

パソコン修理の鉄人では、古いパソコンにありがちな様々なトラブルに対応します。

リアルタイムクロック・リチウム電池モジュールの延命
一部のファクトリーPCは、内部のリチウム電池が完全放電することで、日付や設定項目の保持ができなくなってしまいます。内部電池が劣化をすると日付が覚えられなくなるのです……。
これらの症状は、放電したリチウム電池をソケットタイプに交換し延命措置を行っております。

フレキの断線復旧
フレキシブルケーブルは断線することがあります。銀パウダーを使用した特殊ペンを使って断線したフレキシブルケーブルを修復します。
ディスプレーの開閉時にちらつきやラインが出る場合はご相談ください。

液晶ディスプレーバックライト延命
バックライトが暗い原因はCCFC菅やインバーターの寿命が考えられます。
パソコン修理の鉄人では、LEDを使用してバックライトを交換することができます。

新品の旧型OSパソコンの販売をしています

振り計測機械やDBシステムなどを扱う法人様から旧型OSパソコンの受注が急増しています。
パソコン修理の鉄人では、新品の旧型OSパソコンを制作・販売中。
制作の過程としては、最小構成でテストを行い問題なければ、ケースに組み込みます。
新品正規ライセンスのものをインストールし、テストをして販売という流れです。
扱っているものが新品ですので、当時のパソコンがタイムスリップしたかのような外装や内容で販売しています。
もし、Windows98、WindowsNT、Windows2000、WindowsXPをお探しならご相談ください。

修理対応メーカー(どのメーカーのパソコンでも修理対応可能!)

※その他メーカーも修理可能ですので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。